ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
ジミーのムーンパイ・アドベンチャー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジミーのムーンパイ・アドベンチャー

  • 絵本
作・絵: トニー・ディテルリッジ
訳: 安藤哲也
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784894235861

この作品が含まれるテーマ

みどころ

この絵本の作者トニーは、今も子どもの心を持ったまま。
だから、子どもと同じ位に想像力が衰える事を知らない様です。
だって、このお話の主人公のジミーは、大好きなお菓子「ムーンパイ」をもらう為に地球を飛び出してしまうのですから!
翻訳は、前作「ぼくとおとうさんのテッド」と同じく安藤哲也氏。
トニーと同じく遊び心を忘れない大人として、幅広く活動を行っている彼だからこそ、感覚はぴったりと合うようです。
ストーリーは、自由奔放なトニーの世界が炸裂!
ママからごはんの前に「ムーンパイ」を食べようとして怒られたジミー。
「でも、どうしても食べたい!」
さて、ジミーは誰からムーンパイを手に入れる?
グーグーグルグル呻っているかいじゅう「グリグラ」とは?
このおかしな宇宙人達は一体・・・?
そして、ジミーの遂げた偉業とは何なのでしょう!じっくり読んで堪能して下さい。

それにしても、このお話のもう一つの主人公「ムーンパイ」とはどんなお菓子?
「”ムーンパイ“は1917年にアメリカ合衆国テネシー州で生まれた、2枚のクッキーのあいだにマシュマロをはさみチョコレートコーティングしたお菓子。ユニークな名前の由来は、このお菓子の大きさを決めるとき、ある人に、どのくらいの大きさがよいかたずねると、夜空にうかぶ月を丸く手でかこみ『このくらいの大きさ』といったことから、といわれている。」
確かに親の目から見てしまうと、食事の前にこんなお菓子なんて!と。
でも、ちょっと思い出しみて。そう言えば日本にも同じ様な形の「〜パイ」というお菓子が。
小さい時、とてつもなく美味しそうに見えていた事ってない?
その頃だったらやっぱりジミーと同じ位頑張っちゃうんじゃないかしら。
とにかく、子どもの世界は広くて深くて豊かなのだ!羨ましい・・・。   
続きはこちら>>>

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ジミーのムーンパイ・アドベンチャー

出版社からの紹介

ごはんの前に「ムーンパイ」をもらおうとしたら、ママに怒られたジミー。だったら自分で取りに行こうと、自分で作った宇宙船に乗って、なんと月までムーンパイを取りに行っちゃった!
子どもなら誰でも憧れるおいしいお菓子や、カッコイイ宇宙船、それに加えて読む人の想像力を育むストーリーは、子供たちをひきつけること間違いなしの絵本。
また、幼い頃の記憶を呼びもどし、「かつての少年」だった父親にも読んでもらいたい作品。トニー・ディテルリッジ氏による、目にも鮮やかな、ユーモアたっぷりのイラストも必見です。

ベストレビュー

ドキドキのアトラクションみたい!

今年は、久しぶり(3年ぶり)にキャンプに行きました〜♪あいにくの雨でしたが、テントの中で絵本タイムを楽しみました。その中の1冊がこれ!

そう、安藤パパが訳された、前作『ぼくとおとうさんのテッド』で、子ども心を失わない、作者&役者コンビの世界に、すっかり魅せられた我が家。新作サイン本も迷わずGET☆

リビングに飾っておいたので、長女はとっくに読んでしまったらしい。
「ディズニーランドのアトラクションみたいだったよ〜!」とのこと。

どれどれ、薄暗い(ランタン&懐中電灯の灯り)テントの中で読み始めると、ますます臨場感が増し、宇宙大冒険のワクワクドキドキが楽しめました♪

夕食前だからママにはダメって言われたけれど、どうしてもムーンパイを食べたいジミーは、自分で宇宙船に乗って、月へ取りに行くことに・・・。

ドキドキのストーリーもいいけれど、ユニークな絵が魅力!
特に、へんてこな火星人と、あんまり怖そうじゃないかいじゅうグリグラがいい。(『ぐりとぐら』ファンとしては、関係ないのににんまりしてしまいます。笑)

そっかあ、ムーンパイって、日本でいう『エ○○○パイ』のようなものなのね?!でも、ラストシーンを見ると、でかい大判焼きのように見えるわ〜(笑)。どちらかというと、大判焼きの方が好きな私ですが・・・こんなに大きなムーンパイ、ぜひ一度食べてみたいな〜♪

次女は、火星人風「ムーンパイ食べたい」が口癖になってます(爆)。
(ぼのさん 40代・ママ 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トニー・ディテルリッジさんのその他の作品

ワンダ*ラ(3) 惑星オーボナの秘密 / ワンダ*ラ(2) 人類滅亡? / ワンダ*ラ(1) 地下シェルターからの脱出 / NEWスパイダーウィック家の謎3 ワーム・ドラゴンの王 / NEWスパイダーウィック家の謎2 ジャイアント襲来 / NEW スパイダーウィック家の謎 1 妖精図鑑、ふたたび

安藤 哲也さんのその他の作品

パパ1年生 / パパル−ル あなたの家族を101倍ハッピ−にする本 / PaPa’s絵本33〜パパのためのROCK’N絵本ガイド / ぼくとおとうさんのテッド / パパの極意



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ジミーのムーンパイ・アドベンチャー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット