ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
オオカミグーのはずかしいひみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オオカミグーのはずかしいひみつ

  • 絵本
作: きむら ゆういち
絵: みやにし たつや
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「オオカミグーのはずかしいひみつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784494007967

幼児から
B5判 26.6×19.1cm 32頁

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

オオカミのグーはおかあさんがきらいでした。
それは、おかあさんがイタチだからです。
「やーい、おまえのかあさん イ・タ・チー」
みんなにそういわれるたびにはずかしくて・・・。

捨て子だったグーはイタチのおかあさんに拾われ、かわいがられて育ったのです。
「そのことはうれしいけど、いまのグーにとっては、ともだちにバカにされないことのほうがたいせつです」
グーはおかあさんのことを知られないよう遠くに行って遊ぶようになり、どんどん大きくケンカも強くなっていつのまにかグループのリーダーになりました。
あるとき対立する隣山のオオカミたちがひきょうな手段でグーをおそいます。
やられてしまいそうになったとき、岩かげから小さな黒いカゲが飛び出して・・・。

「かっこいい」「強い」ことが大事な、年頃の男の子。
嫌がられるとわかっていても、つい心配して様子を見に行ってしまう母。
子どもの気持ちで読んでも、親の気持ちで読んでも、感情移入して切なくなります。
ユーモラスななかに独特の純情が感じられるお話絵本は、さすがきむらゆういちさんと宮西達也さんのコンビ!
読んだ子どもたちの心にどんなものを残してくれるでしょうか。
続編に『オオカミグーのなつかしいひみつ』がありますよ。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

オオカミグーのはずかしいひみつ

出版社からの紹介

オオカミのグーはおかあさんがきらいでした。それは、おかあさんがイタチだからです……!?

ベストレビュー

子供より親へのメッセージかも

長女が学校で借りてきて読んだ本です。
子供より、親にストレートに心に響く本じゃないかと思いました。親は、子供がどんな子でどんな悪いことをしてしまっても躊躇せず、子供を守る、守れるものなんだと。

私には、三人の子供がいてかわいいときだけでなく、ぶつかることもあります。それでも向かい合って、子供にとって良い方向に導き、どんなときも無条件にわが子を好きでいないといけない、と思いました。

子供は、よくわかっていないような感じでしたが、何回も読んでくうちに色々なことを気付かせてくれる本だと思いました。
(のんちゃんのママさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きむら ゆういちさんのその他の作品

おでかけ版ぎゅうってだいすき / ごろごろかいじゅうさん / ゆらゆらミケちゃん / ばしゃばしゃコロちゃん / とっとっとピイちゃん / もうちょっと もうちょっと

みやにし たつやさんのその他の作品

だれかなぁ? / Poop うんこ / ぼくの おとうさんと おかあさん / うんこ / これ あな / まねまねおおかみ



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー




全ページためしよみ
年齢別絵本セット