なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
コックさんとカラス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コックさんとカラス

作・絵: とみながゆうじ
出版社: 日本文学館

本体価格: ¥1,200 +税

「コックさんとカラス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

◆著者コメント◆

教育絵本は堅い、というイメージを払拭したく、ユーモアのある内容に、色彩は、優しい色使いにしてみました。そして、一人でも多くの幼児や親に楽しく読んでもらいたいとの思いで制作しました。
3〜5才位を対象にしていますが、大人にもうけているようです。コックさんとカラスが繰り広げる心温まる物語です。ご覧になって下さい。

ベストレビュー

我が家のカラス

0歳のときから時々読み聞かせていますが、1歳をすぎたころから、自分から何冊かある本の中から選んで持ってきます。

子どもの目をひく鮮やかな色使いや分かりやすい絵柄が親しみやすいのでしょう。
パソコンを使った線ですが、ユーモアのある絵柄です。

家には動物はかっていないのですが、窓から時々見えるカラスの姿や、散歩で出会うカラスの「カーカー」という声が印象深いのか、娘の最初の動物のモノマネは「カーカー」でした。
今はカラスって、犬以上に身近ですよね。

まだ、娘は話は理解していないと思いますが、大人が読んでもストーリー展開がシンプルでかつ温かい話で安心して読めます。黒いカラスが赤くなってしまうところが、私はおもしろいな〜と思いました。

これから娘が成長して、話を理解していくときの反応もとても楽しみです。対象年齢3歳となっていますが、長く楽しめる本だと思います。
(なのママさん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…



ハッピーなおやすみのえほん!

コックさんとカラス

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット