うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
女王バチ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

女王バチ

作: グリム
絵: フィリップ・デュマ
訳: 大庭 みな子
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「女王バチ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

2人の兄たちにバカにされている王子は、命を助けた動物たちと一緒に城を救いに出かける。

ベストレビュー

絵とお話の組み合わせの意外感

ワンス・アポンナ・タイム・シリーズはお話と絵の距離感が感じられるシリーズです。
絵を描く作者の独善的というか、独自の解釈というか、ついていくのに大変なシリーズ。
よく言うと挿絵の芸術性を強く出している作品群です。
自分としてはあまり積極的なファンではないけれど気になるシリーズです。

この『女王バチ』は、3人の王子の末っ子が助けたアリやカモやハチの恩返しで、魔法で眠りについたお城の王女様を助け、3人姉妹の末っ子を当てて結婚するというハッピーエンド物語。
ストーリーとしては分かりやすいお話なのですが、フィリップ・デュマの絵はなんだか思わせぶりが強いのです。

ですが、兄弟がどう見ても仲の良い3人の友だち。
3人の姉妹はどうみても普通の女の子たち。
舞台もそれほど昔ではない「むかしむかし」の素朴な郊外風景。
子どものごっこ遊びに見えてしまうのですが、その受け取り方で良いのでしょうか?

きっと違う作家が描いたら、グリムらしさが出てくるのでしょうが、あいにくと他に『女王バチ』の絵本を探すことができませんでした。
とても良い話ですが、意味ありげなデュマの絵に、ちょっぴり違和感を覚えます。
3人の王子は3人の王女と結婚して、なんだか仲良くごっこ遊びを続けているラストシーンを、城(どう見ても屋敷)の中から見ている二人の透明な男たち。

何かを象徴しているのでしょうか。

(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリムさんのその他の作品

人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき / しらゆきひめ / フィッシャーが描いたグリムの昔話 メルヘンビルダー

フィリップ・デュマさんのその他の作品

およばれのテーブルマナー / ゆきのしたのなまえ / オンディーヌとさかな共和国

大庭 みな子さんのその他の作品

21世紀版少年少女古典文学館(4) 枕草子 / ガチョウ番のお姫さま / おやゆび姫 / ゆっくりおじいちゃんとぼく / おばあさんとこぶた / ヘンゼルとグレーテル



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

女王バチ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット