貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
フイッチャーさんちの鳥
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フイッチャーさんちの鳥

作: グリム
絵: マーシャル・アリスマン
訳: 金原 瑞人
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「フイッチャーさんちの鳥」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

悪い魔法使いにさらわれた2人の姉を救い出すために、妹が知恵をめぐらせます。

ベストレビュー

衝撃的な絵本

ワンス・アポンナ・タイム・シリーズの一冊。
図書には児童書とあるのですが、なんとも衝撃的な作品でした。
『ペローの青ひげ』に近いものを感じさせる、殺人鬼が登場します。
魔法使いが娘を自分の屋敷に連れ込んで、一つの暗示を与えます。
これから自分は2、3日留守にする。
自分が出かけている間に、どの部屋を開けても良いが、絶対に入ってはいけない部屋が一つある、この部屋だけは開けてはいけない。
そう言いながら、すべての部屋の鍵の束を娘に預けます。
禁じられた部屋は死の部屋。
開けたら最後、娘は殺されてしまうのです。

3人の娘がいました。
上に二人は、その部屋を開けたために殺されてしまいます。
最後の娘が、この暗示に打ち勝って姉を生き返らせ、魔法使いと仲間たちを退治するのがこの話の骨格です。

それにしても、話をとても衝撃的に塗り込んだのが、アリスマン・マーシャルのおどろおどろしい絵。
子供向けにしては刺激が強すぎます。
芸術的ではあるかもしれません。
大人のホラー絵本としてはなかなかのものです。
グリム童話の深い闇に興味がある人には良いかもしれません。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリムさんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / ラプンツェル / 人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき

金原 瑞人さんのその他の作品

ナチスに挑戦した少年たち The boys who challenged Hitler / 13歳からの絵本ガイド-YAのための100冊- / 今すぐ読みたい! 10代のためのYAブックガイド150! 2 / アポロンと5つの神託(1) 太陽の転落 / 金原瑞人〔監修〕による12歳からの読書案内 多感な時期に読みたい100冊 / アームストロング 宙飛ぶネズミの大冒険



「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

フイッチャーさんちの鳥

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット