バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
3つのことば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

3つのことば

  • 絵本
作: グリム
絵: イヴァン・チャマーヤフ
訳: 八木田 宜子
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「3つのことば」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

伯爵の馬鹿息子が巻き起こす荒唐無稽なおはなし。

ベストレビュー

人には愚かに見えてても

絵本ナビでは伯爵のバカ息子のお話とありましたが、何もおぼえられない愚かな息子が犬や鳥やカエルの言葉を習得できるものでしょうか。
人には愚かに見えていても、とんでもなく才能のある人材はいるものです。
親には呆れられ、家を追い出された男がその才能で法王の位にまで就いてしまいます。
グリムにしては、スッキリとしたお話です。
そのせいか、他に同一の絵本は見つかりませんでした。
イヴァン・チャマーヤフの絵が現代的な手法でシンボリック。
ちょっとしゃれた感じです。

ところで、3つの言語を操れたら素晴らしいことですよね。
多文化社会の中で少数民族の言語を操れたら、傍からはよく分からない人間かもしれないけれど、誰にもまねできない才能を持っていることになるでしょう。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリムさんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / ラプンツェル / 人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき

八木田 宜子さんのその他の作品

かしてあげたいな / ひとつずつ / 紙芝居 きかんしゃ シュッシュ / ねこがおどる日 / 21世紀版少年少女世界文学館(3) ロミオとジュリエット / 紙芝居 ガサゴソ だーれ?



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

3つのことば

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット