ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
子どもとよむ日本の昔ばなし21 がまとうさぎのもちあらそい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもとよむ日本の昔ばなし21 がまとうさぎのもちあらそい

  • 絵本
絵: まさたかもとこ
再話: おざわ としお いとう あけみ
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥450 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784774311951

幼児から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

昔話は時代を超えて、多くの子どもたちの心をひきつけてきました。子どもがはじめて出会う本のひとつとして、昔話を正しく語りつぎたいという思いから、本シリーズが生まれました。

<21巻あらすじ>
がまとうさぎが山の上で餅をつきました。そして上から臼を転がし、先に餅を取った方が全部食べることにしました。どちらが食べられるでしょう。

ベストレビュー

素敵なお花見のはずが・・

日本の昔話です。がまがえるとうさぎが退屈しのぎに
山の上でお花見しながら、おもちをつきました。
独り占めしたいうさぎは、山の上から臼を転がして
先におもちをとったほうが全部食べることにしようと言うのですが・・。
がまがえるの表情がとってもかわいくて、微笑ましい感じです。
でもうさぎの意地悪さには娘も「せっかく素敵なお花見なのにね」
満開の桜のページがとても美しいので、娘も一緒にお花見気分を
味わっていたようです。
「仲良く分ければよかったのにねぇ」
(リスザルさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おざわ としおさんのその他の作品

うらしまたろう / 仙人のおしえ / 日本昔ばなし 3 とら猫とおしょうさん / 子どもとよむ日本の昔ばなし29 やまなしとり  / 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん / 子どもとよむ日本の昔ばなし28 かめとからすとはちのおんがえし



いないいない…ばあっ!で、とびきりの笑顔に♪

子どもとよむ日本の昔ばなし21 がまとうさぎのもちあらそい

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット