もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
眠り姫
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

眠り姫

作: シャルル・ペロー
絵: ジョン・コリアー
訳: 庭野延子
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「眠り姫」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

洗礼式に招かれなかった妖精の呪いをうけて、お城は百年の眠りにつきました。

ベストレビュー

ペローの『眠り姫』の粘着性

ペローの『眠り姫』を読んだら、グリムの『ねむりひめ』がとても「美しく?」感じられました。
それほど、おどろおどろしさをもった眠り姫。
このお話には、グリムの『ねむりひめ』、『いばらひめ』のその後も描かれています。
宴会に招かれなかった妖精の悪意のせいで100年間の眠りについたお姫様。
それを眠りから覚まさせた王子様。
私はハッピーエンドを期待しかかった。
王子様の母親は人食い鬼。
なんという設定でしょうか。
王子様と結ばれたお姫様は、結婚し子どもも生まれたのに、恐ろしい出来事に巻き込まれてしまいました。
ドロドロとした愛憎ドラマを好む大人向けでしょうか。
ペローの童話はちょっと(かなり?)怖いのです。
ジョン・コリアーのくすんだ絵が、とても重々しくて、ちょっと繊細な子ども心には刺激が強いかも。
それでも、最後はホッとするのですから、許してあげましょう。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シャルル・ペローさんのその他の作品

シンデレラ / ながぐつをはいたねこ / 長ぐつをはいたネコ / ペロー昔話・寓話集 / ペローの赤ずきん / ペローの青ひげ



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

眠り姫

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット