ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小さめサイズが可愛い♪「おおきなかぶ」など絵本柄のおつかいバッグ、新登場です!
子どもとよむ日本の昔ばなし23 はなたかおうぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもとよむ日本の昔ばなし23 はなたかおうぎ

  • 絵本
絵: こみ まさやす
再話: おざわ としお かとう こうぎ
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥450 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784774311975

幼児から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

昔話は時代を超えて、多くの子どもたちの心をひきつけてきました。子どもがはじめて出会う本のひとつとして、昔話を正しく語りつぎたいという思いから、本シリーズが生まれました。

<23巻あらすじ>
一本杉を切らない代わりに、不思議な扇を天狗にもらったきこり。それは表であおぐと鼻が高くなり、裏であおぐと鼻が低くなる不思議な扇でした。

ベストレビュー

てのひらサイズ絵本

子供と読む日本の昔話てのひらサイズ絵本です。

山形県で語られた昔話を元に再話したものだそうです。

きこりがお金持ちになって、ひなたぼっこして寝転んでうつらうつらし

ながら扇で扇ぐと鼻がぐんぐんと天まで伸びていく様子が愉快でした。

雷様が火箸で鼻をざくっと刺したのには身震いをしてしまいますが、青

蛙になってしまったのにはびっくりでした。天から落ちて田螺や蝸牛に

なるお話もあるとのことなので、他の絵本も読んでみたくなりました。

裏表紙の木の上の天狗にも気になるところでした!
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おざわ としおさんのその他の作品

うらしまたろう / 仙人のおしえ / 日本昔ばなし 3 とら猫とおしょうさん / 子どもとよむ日本の昔ばなし29 やまなしとり  / 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん / 子どもとよむ日本の昔ばなし28 かめとからすとはちのおんがえし

こみ まさやすさんのその他の作品

おしっこ しょうぼうたい / 偕成社 新おはなし文庫2年(1) イソップどうわ二年生 / 5ひきのこぶたビービーブゥ! / いいね いいね



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

子どもとよむ日本の昔ばなし23 はなたかおうぎ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット