しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ちびっこ大せんしゅ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちびっこ大せんしゅ

作・絵: S.ホフ
訳: 光吉 夏弥
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥922 +税

「ちびっこ大せんしゅ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<品切れ重版未定>

新装版はこちらから>>>

作品情報

発行日: 初版 1979年7月
ISBN: 9784477167725

小学校初級向

出版社からの紹介

リトルリーグでいちばんちびのハロルドは、ベンチをあたためているだけ。でもシーズン最終戦、ピンチヒッターで大活躍。

【書評から】
◎小さい子はいつもコンプレックスを持っているので、体が小さくても大成功をおさめるお話は、子どもたちを常に力づけてくれる。(毎日新聞)

ベストレビュー

勇気がでるね

娘に読みました。
結構ページ数があるので読むのに時間がかかるかな?と
思いましたが、文字が大きかったので、予想よりも短い
時間で読み終えることができました。

リトル・リーグのなかでいちばんちびっこのハロルド。
ちびっこゆえ、みんなと同じように上手に野球をすることが
できません。友達には「かえったほうがいいんじゃない?」と
言われたりして、ちょっとかわいそうだなあと思いました。
でも、めげないのです。
選手として守ることもバッターボックスに立つこともない
どころかベンチに座ることさえできなくとも(そっちへ
どいてろ!といわれてじべたに座るのです)、それでもめげない
のです。ハロルドはそれくらい野球が好きなのだなあ。
好きなことがあるってそういうことだったりしますものね。
どんなにお友達やまわりにいじわるなことを言われても
気にならないんだよね。

しかし、ちびっこハロルドは大活躍をするのです!!
読んでいて、私は大人ですのでなんとなく結末がみえてしまった
のですが、それでもうれしくて涙ぐみそうになってしまいました
(ああ、本当に大人になると涙腺が緩くなって困ります)。
娘はずうっと心配そうに聴いていましたが、最後は、
せいせいしたように晴れやかな顔になりました。
子どもが安心して読むことができて、勇気がでる本って
いいですねえ。
野球が好きな子はもちろん、野球に興味がない子どもでも
楽しく読むことができる本だと思います。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

光吉 夏弥さんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / ねことバイオリン / うさぎがいっぱい / だんごをなくしたおばあさん / ぼくはめいたんてい(6) ゆきの中のふしぎなできごと(新装版) / ぼくはめいたんてい(5) かぎはどこだ(新装版)



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ちびっこ大せんしゅ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット