くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
ねことバイオリン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねことバイオリン

作: T.キット
絵: W.ラッセル
訳: 光吉 夏弥
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥922 +税

「ねことバイオリン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 初版 1980年9月
ISBN: 9784477167756

小学校初級向

出版社からの紹介

ひとりぼっちの少年は、おじいさんが残していった、ねことふしぎなバイオリンといっしょに、冒険の旅をはじめます……。

ベストレビュー

人生を導いてくれる猫

「長靴をはいた猫」に似ていると思いました。

猫が男の子を人生を導く重要な役割を果たすからです。

他にも昔話の要素がありそうです。

クェンティン・ブレイクにも「ふしぎなバイオリン」というのがあったなあと思いました。

りゅう退治は「長靴をはいた猫」の鬼退治を彷彿とさせます。

常に男の子に寄り添って助けてくれる猫のような存在があると、生きてくる力もわいてきそうと思いました。

絵は点描画でしょうか。独特な感じでお話にマッチしていると思います。

猫の機転には驚きました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆

光吉 夏弥さんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / ちびっこ大せんしゅ / うさぎがいっぱい / だんごをなくしたおばあさん / ぼくはめいたんてい(6) ゆきの中のふしぎなできごと(新装版) / ぼくはめいたんてい(5) かぎはどこだ(新装版)



SNSで大反響“1歳半ぐらいの子どもの行動”あるある〜!

ねことバイオリン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット