となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
名作をおうちに飾ろう♪ プチプライスの『 ガーゼハンカチ&フレームセット』が新登場!
二ひきのこぐま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

二ひきのこぐま

  • 絵本
作: イーラ
訳: 松岡 享子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年11月
ISBN: 9784772101004

対象年齢 3歳から
全国学校図書館協議会選定
日本図書館協会選定

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

  美しいモノクロ写真で綴るふたごの子ぐまたちの冒険物語。冬眠から覚めた子ぐまたちが、かあさんの言いつけを守らずに、遊びに出かけて行き、道に迷ってしまいます。動物への優しい視線が満ちた動物写真の第一人者イーラの写真絵本。

熊の子も、人の子も同じ!?
 これは、初の動物専門の写真家となった女性イーラが、写真を撮り、お話も自分で書いた唯一の絵本です。絵本の歴史をたどるときには、必ず紹介される児童書の古典のひとつであり、写真絵本というのは、日本ではまだもうひとつなじみが薄いかと思いますが、どうぞ先入観なく、お子さんと一緒に読んでみてください。
 さて、お話は春まだあさい山の中、冬眠から目がさめたばかりの二ひきの子熊が、穴から顔を出している場面から始まります。この子熊たちは、この冬、穴の中で生まれたので、外の世界は何もかもはじめて。好奇心いっぱい、でも、ちょっとこわいな…そんなこの子たちの心を見透かしたように、はちみつ採りにいく母熊は、「とおくへ行くんじゃないよ。まいごになるからね」と言いおいて、出かけます。ところが…ご想像通り、子熊たちはいいつけを忘れて、ついには、迷子になってしまいます。
 見ているうちに、これは熊の子の話じゃないんじゃない?うちの子とあんまり同じなんだもの…という気がしてきませんか。組んずほぐれつ、追いかけっこをしたり、珍しいものを求めてどんどんいくうちに、お母さんのことなどころっと忘れたり…。それに対して、この子たちを叱る母熊のその堂々たる威厳にみちた姿。厳しい自然の中で、子どもたちを守っていく責任の重大さが、その身体から想像されます。そして、その立派な毛皮からは、限りない暖かさも。
 動物にも、人間にも共通する子どもの冒険心や親子の愛情が、とてもシンプルな形でギュッとつまっている絵本です。

ベストレビュー

写真なので迫力満点

二ひきのこぐまがお母さんから離れて遊んでいるうちに迷子になってしまうお話です。遊びに夢中になっている時の写真がいいですね。かくれんぼをしたりおすもうをしたりカラスやアライグマとであったりすべて写真なのですごくいいですよ。内容も私たち人間の生活とにているところがあっておもしろかったし、子供達に読んであげたときかじりついて聞き入っていました。一度読んでみてください。

(たまっこさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

イーラさんのその他の作品

どうぶつたちはしっている / ねむい ねむい ちいさな ライオン / せかいをみにいったアヒル

松岡 享子さんのその他の作品

りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス / 新装版 フランシスのいえで / うたこさんのおかいもの



「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

二ひきのこぐま

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43




全ページためしよみ
年齢別絵本セット