十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
はじめてふったゆき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はじめてふったゆき

作: 竹内智恵子
絵: 田島 征彦
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥2,400 +税

「はじめてふったゆき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年
ISBN: 9784835442532

出版社からの紹介

いつのころか、磐梯山には「てながあしなが」という大きな猿が住み着いて、村人にいたずらをするようになった。
それを見かねた坊さまがてながあしながに説教したところ、本当は村人と一緒に遊びたかっただけだと言う。
坊さまはてながあしながを小猿に変身させ、村の六地蔵の隣に新たな地蔵として住まわすことにしてあげた。
月日は流れ、村は悪代官が仕切るようになり……。

ベストレビュー

方言の温かみ

会津地方の方言で書かれており、読むのに苦労しましたが独特の温かみのある語調が4歳の息子には大ウケでした。

悪さばかりしていたてながあしながが本当はみんなと仲良くしたかったからだとわかり、息子はホッとした様子。「てながあしながの本読む!」と言っては持ってきます。

村人を助けるために雪が降るようになった会津地方。真っ白な雪はその下にあるものをすべて隠してくれますものね。
(kokeさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

竹内智恵子さんのその他の作品

はじめてふったゆき

田島 征彦さんのその他の作品

てんにのぼったなまず / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ / こたろう / そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(6) へんなゆめ / しちどぎつね



ハッピーなおやすみのえほん!

はじめてふったゆき

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット