ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ

作: 田島 征彦
絵: 関屋 敏隆
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

坂本龍馬が大阪にあらわれた。よしおくんに「中岡はどこぜよ」とたずねるから、こまってしまった。自転車のうしろへ龍馬をのせたよしおくんは、大阪の町を走る。中岡慎太郎というオッサンと、どこで会えたと思う?「たかでたまるか!(こらあ、たいへんなこっちゃ)」。思いもよらぬ結末へ、ぐんぐんさそいこむSFナンセンス絵本の傑作。

ベストレビュー

方言の愉快さで、子供も竜馬に興味深々!

坂本竜馬襲撃の夜、ふすまを開けて逃げたら現代の大阪の家だった!という奇想天外なストーリー。

社会や歴史で必ず学ぶ坂本竜馬と新撰組の話を、まだ理解できない子供になんとなく教えてあげるにはいい本だと思います。
小学2年の息子もまだまだ竜馬や新撰組など知りませんが、インパクトのある版画風の絵と、方言たっぷりのセリフで最後まで興味を持って聞いてくれました。
関西弁はできますが、高知弁はできません。でも、テレビで聞いた記憶を頼りに、「おまんは〜」となりきって読んであげました。すると面白かったらしく、後で子供たちがマネをしてセリフを繰り返していました


難しい歴史なども、こうやって絵本から興味を持ってくれればと常々思っているので良い本に出会えたと思います。

でも、「中岡はどこぜよ〜」と言いながら大阪の街をウロウロし、最後は テレビの中に入っていくというのはかなり突飛ですけどね(^^ゞ
(バーモンターさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本

田島 征彦さんのその他の作品

てんにのぼったなまず / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ / こたろう / はじめてふったゆき / そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(6) へんなゆめ

関屋 敏隆さんのその他の作品

りゅうじんさまは歯がいたい / 北加伊道 松浦武四郎のエゾ地探検 / シーカヤックで いこう / 楽園 知床に生きる人びとと生きものたち / 言葉少年 / やまとゆきはら 白瀬南極探検隊



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット