たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おおきな きが ほしい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおきな きが ほしい

  • 絵本
作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1971年01月
ISBN: 9784033301501

対象年齢 5・6歳から

5〜6歳 編集部おすすめ

おはなし

「おおきな おおきな木があるといいな。ねえ おかあさん。」
かおるの考えるおおきな木は、こんな素敵な木なのです。
二番目の枝まではしごをかけて、その上は木の幹にぽっかり開いたほらあなの中のはしごを登ります。さらに上にはかおるの小屋があって、台所やテーブルもあります。ここでかおるはホットケーキを焼いて食べたりするのです。
そしてその上には見晴台を作ります。
夏には、おおきな木の上のかおるの小屋は、さぞ涼しいことでしょう。
秋は・・・、冬は・・・、春は・・・。
かおるの想像はどんどんひろがります。

出版社からの紹介

りすや小鳥が住み、見晴台がついている大きな木に登ってみたいとねがう、子どもの夢を描きます。

ベストレビュー

心に残る、良書。

 私は、木登りが忘れられない。
小さい頃、前栽の木に登っては、祖父に叱られた。
木には子ども心を引き寄せる何かが、あると思う。 
さとるが思い描くおおきな木にも、
どこか心をくすぐられた、木からの呼びかけが、見え隠れする。
 田舎町ではあたりまえの庭の木も、都会では贅沢な品扱い。
木々のいのちに、子どもがなびかない訳はない。
子どもは風を感じ、風に学んで、木と遊びたいのだ、そう思う。
春、夏、秋、冬、木のいのちの上から、季節を眺め、
遠くに街を、山並みを、真下に家族の住むわが家を見つめる、
そんな計画をたててみたいのだ、ゆっくりと本気に。

 父とふたりで、計画を楽しむ。母がそれを見て、微笑む。
こんな良書にめぐりあえて、うれしいな。
佐藤さとる画伯、偕成社に、感謝
(もゆらさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 さとるさんのその他の作品

コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / えんぴつ太郎のぼうけん / オウリィと呼ばれたころ / 机の上の仙人―机上庵志庵

村上 勉さんのその他の作品

コロボックル ぬりえ / コロボックルの小さな画集 / 旅猫リポート / 絵本「旅猫リポート」 / コロボックル絵物語 / 絵本 旅猫リポート



『よるのようふくやさん』穂高順也さん 寺島ゆかさんインタビュー

おおきな きが ほしい



全ページためしよみ
年齢別絵本セット