もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
はなさかじい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はなさかじい

  • 絵本
作: 松谷 みよ子
絵: 西村 繁男
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年02月
ISBN: 9784494002979

幼児〜一般

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

むかし、ばあさまが川でひろった小箱から白い犬が生まれて、シロと名付けられた。シロはずんずん大きくなって、ある日じいさまを背中に乗せて山へ出かけたところ…。昔話の定番が、画家による絵で新たな魅力をみせる。

ベストレビュー

こわいおじいさん

昔話が好きな息子と読みました。
はなさかじいさんは初めてで、松谷みよ子さんと子どもの大好きな西村繁雄さんだったので、この本を選びました。
最初の部分が、お話も語りもうちにある「ももたろう」にそっくりだったので、似てるね、なんて言いながら読みました。
私もお話はうろ覚えで、ここほれワンワンと、枯れ木に花を咲かせましょうの印象がつよく、はじまり方に少し驚きました。
子どもは、犬のシロが悪いおじいさんに殺されたことが衝撃的だったらしく、その辺からこわいこわいと言って話があまり入ってこない様子でした。
もう少し大きくなってからまた読みたいな、と思いました。
(おうさまさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

松谷 みよ子さんのその他の作品

ともだち <復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら <復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん / 講談社文庫 ちいさいモモちゃん

西村 繁男さんのその他の作品

おばけもこわがるおばけ / タコのたこきちくん / むらの英雄 / びんぼうがみじゃ / あいうえおのえほん / おーなみこなみざぶん!



2つの写真のまちがいをさがそう

はなさかじい

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット