もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
だから?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だから?

作・絵: ウィリアム・ビー
訳: たなかなおと
出版社: らんか社 らんか社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「だから?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784883301676

21×23cm 32P

2005年イギリスBCCBブルーリボン絵本賞受賞


関連するスペシャルコンテンツ


パパ‘s田中パパ、翻訳デビュー!お話を伺いました。

みどころ

なんでも「いや!」なテリブルツーの2、3歳児、
なんでも「なぜ? どうして?」の4、5歳児、
そして、なにをしてあげても「で? だからなんなの?」とシラケた6歳児。
子どもってのは、大人を困らせる天才だ。
「ホトケの顔も三度まで」そんなひねくれ坊主に見舞うきつ〜い1冊がこれ。
絶対にありえない結末に、きっと子どもは腰を抜かすはず。
絵本の常識をくつがえす衝撃のナンセンス絵本。

なにをしてあげても喜ばない気むずかしい男の子。
お父さんだったら、さて、どうする?
2005年度イギリスBCCBブルーリボン絵本賞受賞  
・・・だから?


(たなか なおとさんよりコメント頂きました!)

だから?

出版社からの紹介

なにをしてあげてもよろこばないビリーのために、 おとうさんはいろんなことをしてあげます。
でも、ビリーはいつだって「だから?」 そんなビリーに、とうとうたいへんなことがおきてしまいます。

2005年イギリスBCCBブルーリボン絵本賞受賞の問題作!

ベストレビュー

読み聞かせには、、、

大人の前で読み聞かせをしてみました。
「だから?」の言い方ひとつで幅が変わる一冊だと思います。
小学生高学年に読み聞かせてみたい一冊。
とてもきれいな分、シュールさが目立ちます。
「うんちっち」と同じような感じがします。
(ナビ仔さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウィリアム・ビーさんのその他の作品

こいぬのミグルー だいかつやく / かえる ごようじん

たなかなおとさんのその他の作品

やっと みつけた のら犬ヨハンのおはなし



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー




全ページためしよみ
年齢別絵本セット