しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
かえりみち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かえりみち

  • 絵本
作・絵: 森洋子
出版社: トランスビュー

本体価格: ¥1,600 +税

「かえりみち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年1月刊行
ISBN: 9784901510554

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「MOE」(2008年5月号)より
子どもにとって幻想的かつ日常的な大冒険。読んでいると、忘れていた
感覚が体にザワザワと蘇ってくるよう。

「イラストレーション」(2008年5月号) 広松由希子氏評より
日常のとるにたらない疼きが、絵本の形に結晶させれるであろう今後を
ゾクゾク期待してしまう。

「しんぶん赤旗」(2008/03/22) 奥山恵氏評より
わくわくするような冒険の世界が、日常のすぐとなりに見えてくるよう
なスケールの大きな一冊。

出版社からの紹介

子どもの頃には見えていた、
日常とシンメトリーするもうひとつの風景。
細密な鉛筆画で描く、はじめてだけども懐かしい
森洋子の作品世界。

■作者紹介

森 洋子(もり ようこ)
1959年、東京生まれ。東京芸術大学美術学部絵画科卒業、1984年、東京芸術大学大学院美術研究科修了。
2000年「たけしの誰でもピカソ」第2回映像アーティストピカソ大賞受賞。
 受賞作品[KIOKUEIGA](トランスビューのホームページで、動画をご覧になれます)。
2001年、東急世田谷線で、森洋子「絵写真展示電車」が運行される。
2005年、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品「路地裏の鬼」。
現在、城西国際大学福祉総合学部助教。『かえりみち』が初めての絵本の出版。今後の活躍が注目される。

ベストレビュー

懐かしいかえりみち

小さい頃、学校の帰り道に、いろんな物語を組み立てながら主人公になっていた自分を思い出します。
この絵本のように細密ではなかったけれど、見慣れた街の光景を異次元の世界に見立てて、将来自分は物書きにでもなれるだろうかと思っていました。
あの頃の自分が懐かしく思い出されます。
そんな絵本です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • トントン紙ずもう
    トントン紙ずもう
    作・絵:COCHAE(コチャエ) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★帰省みやげ・室内遊びに★        力士を作って遊べる紙ずもう。年末年始、家族と盛り上がろう!

森洋子さんのその他の作品

まよなかのゆきだるま / ぼくらのひみつけんきゅうじょ / まよなかの ゆきだるま



だいすきな「おともだち」を食べちゃった!?ラストは衝撃の…

かえりみち

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット