なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
14歳からの哲学 考えるための教科書
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

14歳からの哲学 考えるための教科書

作: 池田晶子
出版社: トランスビュー

本体価格: ¥1,200 +税

「14歳からの哲学 考えるための教科書」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

みどころ

中学国語教科書で紹介され、中高大学の入試にも頻出。
読書感想文の課題として選ばれることも多いロングセラー。

14歳からの哲学 考えるための教科書

出版社からの紹介

人には14歳以後、一度は考えておかなければならないことがある!
今の学校教育に欠けている、14、5歳からの「考える」ための教科書。
「言葉」「自分とは何か」「死」「心」「体」「他人」「家族」「社会」
「規則」「理想と現実」「友情と愛情」「恋愛と性」「仕事と生活」
「メディアと書物」「人生」など30のテーマを取り上げる。

■目次より

14歳からの哲学[A]

考える[1]
考える[2]
考える[3]
言葉[1]
言葉[2]
自分とは誰か
死をどう考えるか
体の見方
心はどこにある
他人とは何か

14歳からの哲学[B]

家族
社会
規則
理想と現実
友情と愛情
恋愛と性
仕事と生活
品格と名誉
本物と偽物
メディアと書物

17歳からの哲学

宇宙と科学
歴史と人類
善悪[1]
善悪[2]
自由
宗教
人生の意味[1]
人生の意味[2]
存在の謎[1]
存在の謎[2]

あとがき

■著者紹介

池田晶子(いけだあきこ)
1960年生まれ。慶應大学文学部哲学科卒業。専門用語による「哲学」に
ついての論ではなく、哲学するとはどういうことかを日常の言葉を用い
て示し、多くの読者を得る。
著書に『14歳からの哲学』『人生のほんとう』『あたりまえなことばか
り』『リマーク 1997-2007』(トランスビュー)『暮らしの哲学』(毎
日新聞社)『新・考えるヒント』『オン!―埴谷雄高との形而上対話』
(講談社)『41歳からの哲学』(新潮社)『君自身に還れ』(本願寺出
版社)ほか多数の著作を残し、2007年2月23日死去。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


池田晶子さんのその他の作品

人生のほんとう / 知ることより考えること



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

14歳からの哲学 考えるための教科書

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット