あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ポンポンおふね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポンポンおふね

  • 絵本
作・絵: とよた かずひこ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784752004011

170ミリ×165ミリ 24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ポン! ふねがはしりだしました。ねこがのっています。ポンポンポンポン。ふねはすすみます。ねこはお家に帰れるのでしょうか。ボー、ふねの横を大きな客船が通りました。
お父さんとお母さんと赤ちゃんがゆったりと楽しめる「あかちゃんのりものえほん」第四弾!

ベストレビュー

孫に読んでもらえるようになりました

「ぽんぽんおふね」を今年9歳になったゆっくり、ゆっくりの孫に私が読んでもらえるようになりました。あかちゃんのころから、「ぽんぽんおふね」をいつも読んであげていたのが、最近やっとたどたどしいですが、私が読んでもらう立場になって感動しています。毎日の努力の賜物だと涙がでます。ねこさんを乗せた絵が可愛くてほのぼのとします。「ぽんぽんぽんぽん・・・・・・」とシンプルに擬音語の連発も凄く可愛く読めてました。もうすぐ産まれる孫にも私の出番がなさそうで、優しいお姉ちゃんにとられてしまいそうです(笑)
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本

とよた かずひこさんのその他の作品

ばななくんがね・・ / 紙芝居 プリンちゃんとだいふくくん / なでなで ももんちゃん / おふろやさんのまねきねこ / まくらちゃんです。 / リュックちゃんです。



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

ポンポンおふね

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット