だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【限定5セット!】パリの気分を味わうマドレーヌの絵本7冊セットに、豪華なコースターをお付けします♪
ルルとララのおかしやさん(7) ルルとララのいちごのデザート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルルとララのおかしやさん(7) ルルとララのいちごのデザート

  • 児童書
作・絵: あんびる やすこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「ルルとララのおかしやさん(7) ルルとララのいちごのデザート」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年03月31日
ISBN: 9784265062751

小学校低学年 〜 小学校中学年向け
A5判 22.0X16.0/72頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ルルとララのお菓子屋さんがある森に春がやってきました。二人は春にぴったりのお菓子にチャレンジ。真っ赤ないちごで作る甘いデザートのレシピがいっぱいのお話です。

ベストレビュー

いちごのデザートがおいしそう!

対象が「小学校の低学年くらい」となっている通り、おそらく
それくらいの子の方が楽しく「自分で」読むことができると思います。
年長さんになったばかりの娘にはちょっとはやいなあとは思いつつ。
でも読んだのは、娘と一緒にいちごのデザートを私が作ってみたかった
から。
ちょうどいちごがお手軽なお値段ででまわっている時期ですので
買って来て一緒にヨーグルトプリンやミルクゼリーを作りたいなと
思います♪
かわいらしい物語の中でレシピも紹介されているので、物語の楽しい
気分も持ったまま、お菓子作りに入れるかな?
小学生で自分でこの本を読むことができる子ならば、お菓子作りも
ママに手助けしてもらわなくとも作ることができると思います。
そのうち娘も自分ひとりでやってくれるかな?楽しみです。
ピンク色は「もちろん春の味!」と答えるヤマネのポッポのセンスが
いいな。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子5歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あんびる やすこさんのその他の作品

魔法の庭ものがたり (19) 時間の女神のティータイム  / 魔法の庭ものがたり (18) エイプリルと魔法のおくりもの  / なんでも魔女商会23 あたらしいわたしの探し方 / ルルとララのおかしやさん(20) ルルとララのミルキープリン / 魔法の庭ものがたり(17) ジャレットのきらきら魔法 / フォア文庫 アンティークFUGA(2) 双魂の精霊



葉祥明さんの描く不朽の名作

ルルとララのおかしやさん(7) ルルとララのいちごのデザート

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット