ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
パディントン フランスへ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パディントン フランスへ

  • 児童書
作: マイケル・ボンド
絵: ペギー・フォートナム
訳: 松岡 享子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1970年12月
ISBN: 9784834002492

自分で読むなら・ 小学中学年から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

バカンスをフランスで過ごすことになったパディントンは、そこでも、おかしな事件をひきおこします。けれども、そのおかしさこそ、人間が忘れてはいけないものにちがいありません。

ベストレビュー

フランスの旅行を楽しめます

娘が小さかった時に買った、6冊のシリーズの一冊ですが、
今読んでも面白さはかわりません。
ブラウンさん一家がバードさんやパディントンと一緒に
フランスで休暇を過ごすことになりました。
行くまでにもうパディントンの大騒ぎは始まって色々なことが
起こりますが、その次は、飛行機に乗る前のパスポートについての騒ぎもありました。
フランスでは、かわいらしい魚村に逗留することになり、
そこのデュポンさんと言うブランジェリーのおじさんとパディントンは親交をふかめることになります。
最後のトゥール・ド・フランスに知らないうちに参加してしまったパディントンの様子は、ハラハラドキドキですが、いつも通りすばらしい結果が待っています。

(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・ボンドさんのその他の作品

人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし / パディントンのマーマレード迷路 / パディントンのにわづくり / パディントンの金メダル / クマのパディントン / 福音館文庫 パディントンの大切な家族 パディントンの本(10)

ペギー・フォートナムさんのその他の作品

くまのパディントン(全10冊) / パディントンの大切な家族 / パディントン街へ行く / パディントンのラストダンス / 福音館文庫 パディントンのラストダンス パディントンの本(9) / 福音館文庫 パディントン街へ行く パディントンの本(8)

松岡 享子さんのその他の作品

りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス / 新装版 フランシスのいえで / うたこさんのおかいもの



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

パディントン フランスへ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット