もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
福音館文庫 くまのパディントン パディントンの本(1)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

福音館文庫 くまのパディントン パディントンの本(1)

  • 児童書
作: マイケル・ボンド
絵: ペギー・フォートナム
訳: 松岡 享子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥600 +税

「福音館文庫 くまのパディントン パディントンの本(1)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2002年06月
ISBN: 9784834018028

小学中学年から
17X13cm 224ページ

出版社からの紹介

おかしなクマのパディントンのお話の第一冊目。ブラウン夫婦がパディントン駅で見つけた子グマが、夫婦にひきとられ縦横無尽に活躍します。

ベストレビュー

くまのめんどうをみます

以前、ロンドンのパディントン駅構内にて「パディントングッズ」を
売るお店を見た時に、「ああ、くまのパディントンにあやかってこうい
うお店を出しているのだなあ」と思ったのだけれど実は逆でした。

あの時はこの物語を読んだことがなかったから。
あの時、読んでいなかったことが悔やまれる。

読んでいたならば、「どうぞこのくまのめんどうをみてやってください。
おたのみします」と書かれた荷札のような紙を首から下げた小さなくま
が駅の片隅にいないかきっと探したのになあ。

私達はその後アフリカ行ってまたロンドン帰ってきて、それからニュー
ヨークに行ってやっと日本に帰るという旅の途中であったからこぐまを
連れての旅はおそらくハードだっただろうからいなくてよかったのだろ
うけれども。

パディントンは本人(本くま?)言うところの「暗黒の地ペルーからの
密航者」だ。ペルーのことをそんな風に言うなんて、いかにもイギリス
の作家が言いそうなことだなあと思った。ペルーでずっと一緒に暮らし
ていたルーシーおばさんがリマにある老くまホームに入ることになり、
ひとりで生きていかなければならなくなったのだ。

リマかあ。このお話が書かれた時代はきっといい街だったのだろうけれ
ど、私が旅した時は(ニューヨークから南米行ってまたニューヨークに
戻ってきてそれからこのロンドンにやってきたのであった。もう二度と
こんな落ち着きのない旅はしたくないのであった)とても治安が悪く、
「首絞め強盗」もよくあったので、あまり印象がよくない。ルーシーお
ばさんは大丈夫かしら?老くまホームの中にいる分には安全なのか。

パディントンはかわいい。
とてもかわいい。
だいたい私は動物が大好きだから、かわいいに決まってるんだけれど、
とにかく「生まれてはじめて」のことばかりで、興奮したりとまどった
り喜んだりしながら、優しいブラウンさん一家と一緒に暮らすのだ。
またパディントン駅に行きたくなってしまった。

娘ももうちょっと大きくなったら読んでほしいな。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

マイケル・ボンドさんのその他の作品

人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし / パディントンのマーマレード迷路 / パディントンのにわづくり / パディントンの金メダル / クマのパディントン / 福音館文庫 パディントンの大切な家族 パディントンの本(10)

ペギー・フォートナムさんのその他の作品

くまのパディントン(全10冊) / パディントンの大切な家族 / パディントン街へ行く / パディントンのラストダンス / 福音館文庫 パディントンのラストダンス パディントンの本(9) / 福音館文庫 パディントン街へ行く パディントンの本(8)

松岡 享子さんのその他の作品

りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス / 新装版 フランシスのいえで / うたこさんのおかいもの



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

福音館文庫 くまのパディントン パディントンの本(1)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット