くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぼくのぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのぼうけん

  • 絵本
作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのぼうけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年11月25日
ISBN: 9784834017243

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ぼくが描いた小さな船の絵。さあ、この船で冒険にいこう! 巨大なタコ、不気味なおばけ、一難去ってまた一難。゛ぼく″とお父さんが一緒に作る海の冒険の話。楽しい絵童話。

ベストレビュー

一枚の絵からはじまりました・・

絵本を卒業かなの第一歩、第二歩におすすめします。ぼくが書いた一枚の船の絵。ここから、冒険がはじまります。お父さんとのやりとりから、どんどん想像力が広がって、冒険らしい冒険に突入!おはなしそのものもとっても面白いのですが、大人の観点から、こういう風にこどもの想像力をかきたてるような話の聞き方をしてあげれたらいいなぁと大人にとってもまなぶところのある本です。一度真似してこどもに冒険させてみたいな。
(みぃままさん 30代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかの ひろたかさんのその他の作品

おしりをふく話 / なきむしおばけ / てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ / なきむしおばけ / ひとりぼっちのりんごのき / かみなりゴロスケ



「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

ぼくのぼうけん

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット