宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
めとめをあわせてこんにちは
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

めとめをあわせてこんにちは

作・絵: おくの りょうこ
出版社: エムオン・エンタテインメント

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「めとめをあわせてこんにちは」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

小さな子でもすぐわかる動物がいいかな

ボードブック仕立てで、安心安全に絵本を楽しめます。
(紙が厚紙で角が丸い)
主人公のあおむしが散歩中にいろんな動物に出会うストーリーになっています。
コンセプトは面白いし、ページをめくるとその動物の全体像が見れる参加型の絵本なので、子どもたちと一緒にクイズ形式で楽しめます。
ちょっと気になるのは、絵本の様式を考えると、低年齢の子どもたち向けという気がしましたが、登場する動物が1匹目からペリカン……。
次にライオン・キリンと続きます。この2匹は子どもたちもすぐにわかりそうですが、
その次に登場するのがヒョウ。
もうすこし、ありきたりでも確実に小さな子が理解できる身近な動物のほうがよかったんじゃないかな〜と、思いました。

絵ははっきりしていて遠目もきいています。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本

おくの りょうこさんのその他の作品

いろんな いろ みつけたよ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

めとめをあわせてこんにちは

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット