もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ざっくん!ショベルカー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ざっくん!ショベルカー

作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「ざっくん!ショベルカー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784032211900

3・4歳から
21cm×26cm 32ページ

出版社からの紹介

大、中、小の3台のショベルカーを毎日乗り換えて仕事するおにいさん。公園、道路、工事現場などで活躍。働く車がいっぱいの、シリーズ最新刊。

ベストレビュー

何度も読み返したくなるシリーズ

ショベルカーの操縦の仕事をしているお兄さんを通して、
ショベルカーの活躍している場所、働きっぷり、それから
いろんなショベルカーのことを知ることが出来る内容になっています。

うちの子は、小さい頃からこのシリーズが大好きで、何冊か購入して
家に置いてあるのですが、高学年になった今でも、引っ張り出して
読んでいることがあるぐらいです。

今回、私が図書館で見つけて借りてみたのですが、すぐに気付いた息子が、
「お!あのシリーズか!!」と真っ先に読んでいました。

このシリーズは、わかりやすいシンプルなストーリーも良いのですが、
絵もすごく楽しいんですよね。ショベルカーの周りにさらっと描かれた背景の中に、
「がんばれ!パトカー」で迷子になっていた犬と飼い主のおばあさんがいたり、
遠くに、「ピン・ポン・バス」、「うみへいくピン・ポン・バス」のバスや、
「はしれ!たくはいびん」の宅配車が走っていたり。
そういう細かいところまで楽しませてくれるので、シリーズの絵本を引っ張り出してきては、
ついつい何度も読み返したくなる、素敵な作品です。
(どんぐりぼうやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり / すすめ!うみのきゅうじょたい / まだかなまだかな / ポテトむらのコロッケまつり / こねこのえんそく はるののはら

鈴木 まもるさんのその他の作品

ウミガメものがたり / だっこ / おはよう!しゅうしゅうしゃ / すすめ!ゆきのきゅうじょたい / たんじょうび おめでとう / ぼくのたからもの



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

ざっくん!ショベルカー

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.76

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 41人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット