雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
しちどぎつね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しちどぎつね

作・絵: 田島 征彦
出版社: くもん出版

本体価格: ¥1,500 +税

「しちどぎつね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784774313757

小学低学年から

出版社からの紹介

お伊勢参りのふたり組、喜六と清八が主人公。旅の途中で、何気なく投げたすいかが昼寝中のきつねにぶつかります。これが、一度仇されると7回だまして返さないと気がすまないといううわさのきつね「七度狐」だったからさあ、大変……。ふたりはきつねに化かされて、川でもないのにはだかになってわたろうとしたり、こわーいおばけが出てきて伊勢おんどをおどらされたり、のてんやわんや。

型染で絵本を作る田島征彦氏、期待の新作絵本。上方落語の傑作『七度狐』を下敷きにした絵本です。大阪弁のテンポよいやりとりとダイナミックな構図の絵の組み合わせで、こわーいけれど可笑しいこのおはなしをお楽しみください。

ベストレビュー

こどもに落語を広めたい!

「じごくのそうべえ」の田島さんが構想期間30年で作り上げたこの「しちどぎつね」!!早速、ゲットしましたよ。

私の大阪弁は完璧ではないけれど、それなりに気持ちよく大阪弁を楽しむことができます。子どももそのテンポの良さにうきうきした顔で聞いてくれました。「じごくのそうべえ」シリーズも全て読んでいるので、田島さんの世界に入り込むのも簡単でした。

今回の「しちどぎつね」は、私たちにとって新しいお題だったので新鮮でした。絵本の中には、初夏の雰囲気が漂っていて今頃の季節にもちょうど良いですね。
田島さんの型染の挿絵も、とっても素敵です。新しい絵本なら、この美しい色をそのまま子ども達に伝えることができます。

小学校の中学年以上で、読み聞かせをしてみたいと思います。
(そうなんださん 30代・ママ 女の子10歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


田島 征彦さんのその他の作品

てんにのぼったなまず / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ / こたろう / はじめてふったゆき / そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(6) へんなゆめ



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

しちどぎつね

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット