新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

こうつうあんぜんえほん ちいさなしまのふしぎなき

こうつうあんぜんえほん ちいさなしまのふしぎなき

作・絵: すとう さち恵
出版社: 文芸社

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「こうつうあんぜんえほん ちいさなしまのふしぎなき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784835589480

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「わたるときの しんごうのおやくそくは?/あかは ぜったいとまる/きいろも あかとおなじでとまる/あおは まわりをよくみて くるまがこなかったら わたれる」(本文より)──。ほのぼのとしたファンタジックな風景から始まるお話が子供の心を引きつけ、楽しみながら交通安全の基本を学べる。信号機の意味や横断歩道の渡り方など、大切な子供たちを交通事故の脅威から守るために読み聞かせてあげたい絵本。

ベストレビュー

交通安全の絵本です

題名に惹かれて借りた絵本です。
小さな島に木がはえてきて・・・そこから交通安全のお話に繋がっていきます。
この小さな島でどういうことがおこるのだろうとワクワクしてみてみましたが、正直、お話の持って行き方にちょっとムリがあるかな〜と思いました。
そんな私の反応とは逆に、息子はこのお話がとても気に入った様子。
信号に興味があるのか、この展開に興味があるのかわかりませんが、読み聞かせの時間になるとまず「この絵本読んで・・・」と持ってきます。
かわいらしい絵本なので、子供は入りやすいのかな。
(たぁママさん 30代・ママ 男の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > こうつうあんぜんえほん ちいさなしまのふしぎなき

えほん新定番 from 好書好日

こうつうあんぜんえほん ちいさなしまのふしぎなき

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット