ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
こそあどの森の物語(4) ユメミザクラの木の下で
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こそあどの森の物語(4) ユメミザクラの木の下で

  • 児童書

「こそあどの森の物語」シリーズ

子どもレビュー募集中

作・絵: 岡田 淳
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1998年
ISBN: 9784652006146

A5 208ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


岡田淳さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

スキッパーが森であった新しい友だち。ターザンごっこやかくれんぼと遊ぶうちにいなくなってしまい…大きな桜の木をみつけた。

ベストレビュー

ゆめだけどゆめじゃない

桜は私が一番好きな花で楽しみに読みました。
幻想的なおはなしでゆめか現か分からなくなります。
ゆめだけどゆめじゃないそんなふしぎなおはなしです。読めば私が何を言っているか分かってもらえるかと思います。
読み終わった後にもう一度読むとあーとなる本です。
もしかしたらスキッパーが出会ったこどもたちの正体に気づかない子がいるかもしれません。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 淳さんのその他の作品

森の石と空飛ぶ船 / きかせたがりやの魔女 / わすれものの森 / そこから逃げだす魔法のことば / カメレオンのレオン 小学校の秘密の通路 / こそあどの森の物語(11) 水の精とふしぎなカヌー



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

こそあどの森の物語(4) ユメミザクラの木の下で

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット