アリとくらすむし アリとくらすむし
写真・文: 島田 たく  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
アリとくらす、知られざるむしたちにせまる写真絵本。アリに姿をにせて身をかくすむしや、アリと助けあうむしなど、驚きの姿を大紹介!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
こそあどの森の物語(5) ミュージカルスパイス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こそあどの森の物語(5) ミュージカルスパイス

  • 児童書

「こそあどの森の物語」シリーズ

子どもレビュー募集中

作・絵: 岡田 淳
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1999年
ISBN: 9784652006153

小学中級〜上級向
A5 208ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


岡田淳さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

伝説の草カタカズラをのんだ森の住人たちはつぎつぎに陽気になり、スポットライトをあびてミュージカルを歌いはじめるのです。

ベストレビュー

舞台のよう

ミュージカルが好きなのもあってかこのお話好きです。
いつも仲良しなトマトさんとポットさんがなんだかうまくいっていない…?、トワイエさんの書くお話とは?、郵便配達のドーモさんや人のことばを話すホタルギツネも登場して…。
シリーズを読んでいるとスキッパーやギーコさん等、あまり歌ったり踊ったりしなさそうな印象の人たちまでミュージカルをして、はきはきぺらぺらしゃべったり。いつもと違うところを見せてくれました。ふたごちゃんはもともと歌ったり踊ったりは好きそうなイメージでしたが。
ミュージカルスパイスを使うと自然と歌と踊りが出てくるなんて面白いですね。私も試してみたいです。日常が舞台に変身ですね。みんながとても楽しそうで私も楽しめました。読んでいて元気が出ます。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 淳さんのその他の作品

こそあどの森の物語(12) 水の森の秘密 / 森の石と空飛ぶ船 / きかせたがりやの魔女 / わすれものの森 / そこから逃げだす魔法のことば / カメレオンのレオン 小学校の秘密の通路



『ドームがたり』読み聞かせレポート

こそあどの森の物語(5) ミュージカルスパイス

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット