もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
はしれ!マンモス・ゴン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はしれ!マンモス・ゴン

作・絵: 黒川光広
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「はしれ!マンモス・ゴン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

マンモスたちは、恐ろしいホラアナライオンに襲われた。みんなが危ない。ゴンは助けを求めて、まだ見ぬお父さんのもとへ走っていく。はたしてピンチを救うことはできるのか。

ベストレビュー

マンモスのぼうけん・シリーズ

息子の大好きな黒川光広さんの絵本です。

原始時代に生息していたマンモスの群れのお話です。
子供のマンモス、ゴンも出てきます。マンモス親子の会話の中で、
人間のことを”ライオンよりももっと恐ろしいもの”と表現していたり、
オスのマンモスは大きくなると群れを出て1頭だけで暮らすという
説明が出てきたりして、大昔の生き物が大好きな息子は、「そうなんだあ」
と感心しながら聞き入っていました。

話の中盤、群れのマンモスがライオンに襲われピンチを迎えたりとドキドキする
場面も見られ、ストーリー的にも盛り上がりがあって良かったと思います。
黒川さんの絵本は、後半の数ページがいつも絵が満載の解説付きなので、
登場した生き物たちのことをさらに詳しく知ることが出来、今回も
マンモスのことや、ホラアナライオンのことがよくわかる内容になっていました。
絵本を読みながらいろんな情報が得られるのはすごく良いですよね。

「マンモスのぼうけん・シリーズ」の絵本になっているようです。
是非シリーズで読んでみたいと思いました。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

黒川光広さんのその他の作品

恐竜ティラノサウルス大図解 / 紙芝居 きょうりゅうぼうやのおともだち / 紙芝居 きょうりゅうぼうやのさかなつり / たたかえ!マンモス・ゴン / 紙芝居 がんばれきょうりゅうぼうや / 恐竜図解新事典



第12回 『あったかいな』の片山健さん

はしれ!マンモス・ゴン

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット