貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
紙芝居 てんからおだんご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 てんからおだんご

作: 高橋五山
絵: 金沢佑光
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

「紙芝居 てんからおだんご」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1976年09月
ISBN: 9784494074464

3歳〜小学校1・2年生
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

のどかな春の日。おばあさんが庭でひなたぼっこをしていると、
空から、お皿とくしとおだんごがじゅんばんにおちてきました。

ベストレビュー

お彼岸との絡み

春バージョンと
秋バージョンなんですって!!

春のは、原作で
秋のは、脚色したものだそうです

単純な、素朴な
ちぎり絵のような画面です

余計な物がない分
集中します

想像力が試されるような

登場人物も
あまりにもシンプルなおばあさん

と、お皿・串・だんご
だけなんです

でも、「おだんご」と
お彼岸のことと絡ませて
『天』からの、授かりモノ?って
思うと、なんとも不思議な気持ちになります

しっくりというのでしょうか
静かな感じが素敵な紙芝居です

年配者にもいかがでしょ???
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

高橋五山さんのその他の作品

紙芝居 おきゃくさま / 紙芝居 なかよしのおうち / 紙芝居 のみのかわでつくった王さまのながぐつ / 紙芝居 こぶたのけんか / 紙芝居 ぶたのいつつご / 紙芝居 ふしぎの国 アリス物語

金沢佑光さんのその他の作品

紙芝居 ふるやのもり / 紙芝居 つんぶくだるま / てんぐいわ / トントコはるかぜ / 紙芝居 しりやのめいじん / はらだちごんべ



お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

紙芝居 てんからおだんご

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット