おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
講談社青い鳥文庫 ムーミンパパ海へいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

講談社青い鳥文庫 ムーミンパパ海へいく

  • 児童書
作・絵: トーベ・ヤンソン
訳: 小野寺 百合子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥670 +税

「講談社青い鳥文庫 ムーミンパパ海へいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

かわいいムーミントロールとやさしいママ、おしゃまなミイにすてきな仲間たち。毎日が平和すぎてものたりないムーミンパパは、ある日一家をつれて海をわたり、小島の灯台守になります。海は、あるときはやさしく、あるときはきびしく一家に接し、パパはそんな海をしらべるのにたいへんです……。

ベストレビュー

厳しさと孤独

私が初めてこの本を読んだのは中学生の時ですが、大人になった今読み返しても新鮮です。
ムーミン童話の中でも、この作品は長編小説のように味わうことができます。

灯台のある小島で暮らしていくうちに、ムーミン谷とは違う厳しい環境に直面したり、住み慣れた谷への想いが募り孤独を感じたり。
ムーミンたちには楽しくほのぼのした印象を持っていましたが、この作品ではそれだけではなく、なんだかもの悲しい美しさを感じました。
(はんなりとうふさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トーベ・ヤンソンさんのその他の作品

ミイのおはなしえほん ちびのミイ、かいぞくになる? / MOOMIN公式ファンブック / ムーミンやしきへようこそ ちいさなあなあき絵本 / ムーミンぬりえブック / ムーミンの ボートで おでかけ めくって さがす えほん / リトルミイのきまぐれダイアリー ムーミンと仲間たち 総出演 Little My’s 365 Days Diary

小野寺 百合子さんのその他の作品

講談社青い鳥文庫 ムーミンパパの思い出(新装版) / 講談社青い鳥文庫 ムーミンパパ海へいく(新装版) / 講談社文庫 新装版 ムーミンパパ海へいく / 講談社文庫 新装版 ムーミンパパの思い出 / クローカ博士の発明 ベスコフ童話集 / 英日CD付 英語絵本 ウッレと冬の森 Olle’s Ski Trip



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

講談社青い鳥文庫 ムーミンパパ海へいく

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット