すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
講談社青い鳥文庫 ムーミンパパ海へいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

講談社青い鳥文庫 ムーミンパパ海へいく

  • 児童書
作・絵: トーベ・ヤンソン
訳: 小野寺 百合子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥670 +税

「講談社青い鳥文庫 ムーミンパパ海へいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

かわいいムーミントロールとやさしいママ、おしゃまなミイにすてきな仲間たち。毎日が平和すぎてものたりないムーミンパパは、ある日一家をつれて海をわたり、小島の灯台守になります。海は、あるときはやさしく、あるときはきびしく一家に接し、パパはそんな海をしらべるのにたいへんです……。

ベストレビュー

厳しさと孤独

私が初めてこの本を読んだのは中学生の時ですが、大人になった今読み返しても新鮮です。
ムーミン童話の中でも、この作品は長編小説のように味わうことができます。

灯台のある小島で暮らしていくうちに、ムーミン谷とは違う厳しい環境に直面したり、住み慣れた谷への想いが募り孤独を感じたり。
ムーミンたちには楽しくほのぼのした印象を持っていましたが、この作品ではそれだけではなく、なんだかもの悲しい美しさを感じました。
(はんなりとうふさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆきのひ
    ゆきのひの試し読みができます!
    ゆきのひ
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    くすのきしげのりさんと、いもとようこさんが贈る、寒い冬に心がああたまる、優しいお話。

トーベ・ヤンソンさんのその他の作品

ミイのおはなしえほん ちびのミイ、かいぞくになる? / MOOMIN公式ファンブック / ムーミンやしきへようこそ ちいさなあなあき絵本 / ムーミンぬりえブック / ムーミンの ボートで おでかけ めくって さがす えほん / リトルミイのきまぐれダイアリー ムーミンと仲間たち 総出演 Little My’s 365 Days Diary

小野寺 百合子さんのその他の作品

講談社青い鳥文庫 ムーミンパパの思い出(新装版) / 講談社青い鳥文庫 ムーミンパパ海へいく(新装版) / 新装版 ムーミンパパ海へいく【限定スペシャルカバー版】 / 講談社文庫 新装版 ムーミンパパ海へいく / 新装版 ムーミンパパの思い出【限定スペシャルカバー版】 / 講談社文庫 新装版 ムーミンパパの思い出



「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

講談社青い鳥文庫 ムーミンパパ海へいく

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット