宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
講談社青い鳥文庫ムーミン谷の冬
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

講談社青い鳥文庫ムーミン谷の冬

  • 児童書
作・絵: トーベ・ヤンソン
訳: 山室 静
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥580 +税

「講談社青い鳥文庫ムーミン谷の冬」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

お日さまがいなくなってしまった冬、雪にうもれたムーミン谷の仲間はみな冬眠中。でも、いるんです、冬には冬の生きものが。青い月の光にてらされて目をさましたムーミントロールは、いままでだれも知らなかった冬の生きものの世界へ……。トーベ・ヤンソンがえがく極北の自然に生きつづける生命への感動。

ベストレビュー

目覚めたムーミン

冬眠中なムーミン一家。その中でムーミンだけが目を覚ましてしまいます。
ムーミンっていつも冬眠しているから冬を知らないのですね。
冬にしか会えない生き物たち、氷姫のお話等々、ムーミン世界特有な感じで面白かったです。
ムーミンはそれらみんな初めて。知らない世界、寝ている家族たち…ムーミンが不安に思う気持ちは分かるなー。
静かだけど美しい冬のお話だと思いました。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トーベ・ヤンソンさんのその他の作品

ミイのおはなしえほん ちびのミイと おかしなこづつみ / ミイのおはなしえほん ちびのミイ、かいぞくになる? / MOOMIN公式ファンブック / ムーミン100冊読書ノート / ムーミンやしきへようこそ ちいさなあなあき絵本 / ムーミンぬりえブック

山室 静さんのその他の作品

たのしいムーミン一家 復刻版 / 講談社青い鳥文庫 たのしいムーミン一家(新装版) / 講談社青い鳥文庫 ムーミン谷の冬(新装版) / 講談社青い鳥文庫 ムーミン谷の仲間たち(新装版) / 講談社文庫 新装版 ムーミン谷の仲間たち / 講談社文庫 新装版 ムーミン谷の冬



なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

講談社青い鳥文庫ムーミン谷の冬

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット