だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
どんぐり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どんぐり

  • 絵本
作・絵: こうやすすむ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1988年5月30日
ISBN: 9784834007732

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

出版社からの紹介

どんぐりを食べるリスやネズミ。でも、食べるだけでなくて、どんぐりの木にちゃんとお礼もしていますよ。助け、助けられる自然界の営みを描く科学絵本です。

ベストレビュー

春芽を出すのは・・・!

どんぐりが、親木の根元に落ちて、春に芽を出し成長するまでのお話です。でも、奥が深いでした。例えば、どんぐりを拾って食べるだけの動物と、拾って食べるだけでなく何処かへ運んで行く動物がいる事など、知らない事だらけで親子共々勉強になりました。春に芽を出すのは、浅く埋められた物だけからと条件が厳しいのです。この本を読んであげる時に「あさくうめた」と言う言葉が何度か出てきます。その部分を強調して読んであげると、子供も全てのどんぐりが春芽を出すのではなく、浅く埋められた物だけだと理解してくれました。また、たくさんの種類のどんぐりの絵を見て、これは近くにあると採って来て見比べたりしていました。どんぐりが落ちだす頃に読んであげると喜びます。
(ぷちどりーむさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こうやすすむさんのその他の作品

みかん / だいず えだまめ まめもやし / どんぐりかいぎ / ピーナッツなんきんまめらっかせい



2つの写真のまちがいをさがそう

どんぐり

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット