クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
4ばんめのえきはくまごろうえき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

4ばんめのえきはくまごろうえき

  • 絵本
作: 野本 淳一
絵: 田中 秀幸
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥980 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「4ばんめのえきはくまごろうえき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784338006507

対象年齢・幼児〜小学校低学年

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ピポー!  山のダムへ木材をはこぶ小さな蒸気機関車。四季の美しい景色の中を毎日がんばって走ります。ある日、運転士のまついさんの前にクマの子がたおれていました。

ベストレビュー

心地よい気持になれます

図書館でこの本を見つけた息子は、「みてみて、桜がきれいだよ。」と、話の内容よりも絵の方に惹かれました。蒸気機関車が、村と発電所の間を走っていると、くまの子供が倒れていました。そのくまを介抱してあげ、元気になったくまの子供を、心配していた山の仲間達のところに届けます。しばらくすると、他の動物達も機関車に乗りたがり、乗せてあげる様になったので、最初に乗ったくまの名前からくまごろうえきと言われるようになったのです。読んであげたら「汽車に乗りたい、乗りたい」の連発でした。動物達の間に広がった噂も、とってもいい気持になるでした。電車に乗った時の何とも言えないあの心地よさ。うとうとと居眠りしたくなりますよね。あの気分が伝わってきます。人と動物の触れ合いも、こんな感じになれたらいいなぁと思います。どこかに、くまごろうえきが本当に有る様な気がしますよ。
(ぷちどりーむさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


野本 淳一さんのその他の作品

ごんたとべえのでんぐりがえし / つぶつぶさんはまほうつかい? / まりこのたからもの

田中 秀幸さんのその他の作品

いのなかのかわず たいかいをしらず / 紙芝居 およめさんにばけたきつね / はじめてのおきゃくさん / とんとんとりかえっこ



大声で泣いたことのあるすべての子どもと大人に贈る物語

4ばんめのえきはくまごろうえき

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット