ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
りゅうのめのなみだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りゅうのめのなみだ

作: 浜田 廣介
絵: 太田 大八
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「りゅうのめのなみだ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年03月
ISBN: 9784893256775

読み聞かせなら 5歳から
頁数:28ページ
サイズ:27×23cm

出版社からの紹介

名作絵本ライブラリー。浜田廣介の名作を美しく重厚な絵で絵本化。不思議な力を持った少年の勇気と友情が、人々に恐れられていた竜のかたくなな心をとかす物語。

ベストレビュー

深みのあるお話

先にいわさきちひろさんが絵を描いた『りゅうのめのなみだ』を読んだのですが、物語そのものも違って感じました。
こちらの方が浜田廣介のお話に忠実なのか、深みがあるように思います。
古い言いかたには、補足をつけながら書かれています。
純粋な気持ちの少年が、嫌われもののりゅうを自分の誕生日に招こうとりゅうを訪ねて出かけます。
少年の心にうたれてりゅうの流した涙。
涙が河になります…。

いわさきさんの作品には詩情があったのに対して、太田大八さんの作品には重みとスケールの大きさがあります。
同じ物語なのに、印象は大分違います。
読み比べると面白いかと思いました。

(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • しにがみさん
    しにがみさんの試し読みができます!
    しにがみさん
    作・絵:野村 たかあき 出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    大勢の方々からのリクエストにお応えして、待望の重版!!

浜田 廣介さんのその他の作品

ないたあかおに / 泣いた赤鬼 / こりすのはつなめ / 紙芝居 よぶこどり / こりすのおかあさん / よぶこどり

太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / くらす 五感のえほん5 / どうぶつたちのおかいもの / 福音館文庫 えんの松原 / いっすんぼうし



『いっさいはん』minchiさんインタビュー

りゅうのめのなみだ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット