くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
しんくんとへんてこライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しんくんとへんてこライオン

  • 絵本
作・絵: 長 新太
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,260 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年11月
ISBN: 9784097274018

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


 【長新太没後10年記念連載】担当編集者&絵本作家インタビュー

出版社からの紹介

しんくんが出会ったライオンは何にでも変身しちゃう“へんてこ"なライオン。絵本界の巨匠が描く大人気作「へんてこライオン」の男の子編。

ベストレビュー

『おひさま』でおなじみへんてこライオン

 「しんくんが テクテクとあるいて いると」で始まり、「へんてこな ライオンの おはなしです」で終わるお話が5つ続きます。あっという間に楽しめて、次から次へと見たくなるライオンのへんてこぶりです。

 しんくんがライオンと出会います。ライオンはいつも何かに変身します。しんくんに「見てよ、ねえ見て」とアピールしてるみたい。楽しんでるよね。
予測不可能な変身ぶり、これは見ものです。あぁ、すっかりライオンの思うつぼ。いやいや、長新太さんの思うつぼ、というぺきか。

 最後の5話目のおきまりのことば「へんてこな ライオンの おはなしです」このフォントだけ大きくなっています。ちょっとした工夫ですが、繰り返しのお話の幕切れとしてのアクセント、いいなと思いました。
(ゆうたのーとさん -・絵本紹介サイト )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / 帽子から電話です / 長新太の絵はがきブック おめでとう / かしてあげたいな / ひとつずつ / ベタベタブンブンおおさわぎ



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

しんくんとへんてこライオン

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット