ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
ツルのとぶ大地で
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ツルのとぶ大地で

  • 児童書
作: こやま峰子
絵: 小泉 るみ子
出版社: 女子パウロ会

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

釧路湿原を飛びかうツルの群れ。この自然の美しい大地に、自閉症という障害をもった、ちおりちゃんは生まれた。両親の愛につつまれ、ボランティアや友だちにささえられて成長してきた実話物語。
著者紹介
文:
こやま峰子(こやま みねこ)
東京都生まれ。
詩人、童話作家。
ユニセフ、赤十字国際委員会、難民を助ける会などの活動資金となるキャンペーン・ブックも手がけている。
第13回赤い靴児童文化賞、第28回日本童謡賞特別賞、第26回巌谷小波文芸賞、第46回児童文化功労賞など、数々の賞を受賞。日本ペンクラブ会員。

詩集:
『ぴかぴかコンパス』『しっぽのクレヨン』『ことばのたしざん』、詩画集『地雷のあしあと』、名作案内『名作へのパスポート』、名曲案内『心にのこる愛唱歌』、エッセイ『ノクターンの旅人たち』、絵本『にじいろのしまうま』『エマおばあさんとモミの木』『いのちのいろえんぴつ』『希望の義足』ほか著書多数。


絵:
小泉るみ子(こいずみ るみこ)
1950年、北海道美唄市生まれ。
早稲田大学文学部卒業後、絵を描き始める。
日本児童出版美術家連盟会員。

おもな絵本:
故郷を舞台にした北の大地の四季を透明感あふれる大胆なタッチで描いた、「小泉るみ子四季のえほんシリーズ」の四部作『わたしの好きな場所』『ふぶきのあとに』『秋は林をぬけて』『カッコウが鳴く日』や、『バスをおりたら……』『きかんぼねずみのクリスマス』などがある。さし絵作品に、『ジャンポールという名の魚』『シンタのあめりか物語』『コカリナの海』『子うさぎのチノ』など多数。

ベストレビュー

みんな読んで下さい

釧路で共同作業所を立ち上げた親子のお話が絵本になりました。
しかも実は「ちおりちゃん」が通っていたのは息子たちの小学校だったので、
ぜひ学校のみんなにと思って読んでいます。
自閉症だとどんな困難があるのか、
お父さんやお母さんはどんな願いを持っているのか、
本人がうれしいのはどんな時か、
そして私達には何ができるのか・・・
そういったことが、ことさら力まず静かに語られています。
現在もハンデのあるお友達と勉強している子どもたち・・・
みんな真剣に聞いてくれています。
ただひとつ残念なのは、丹頂が「渡り鳥」として描かれてしまっていること。
私もでしたが、確かに地元でも勘違いしている人は多いので、
読んだ後に実際は留鳥であることを子どもたちに説明しています。
せっかくの本なので、改訂して出していただけたらなぁと切に思います。
(ちうやかなさん 40代・ママ 男の子11歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こやま峰子さんのその他の作品

いのりの石 / ありがとうのかぜ / たからものがいっぱい! / ねえ ママ / 10代をよりよく生きる読書案内 詩歌編 / 10代をよりよく生きる読書案内 海外編

小泉 るみ子さんのその他の作品

なきむしにかんぱい! / みてろよ!父ちゃん!! / あまのじゃくにかんぱい! / まぼろし写真館 / 森の本やさん / ないしょにかんぱい!



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ツルのとぶ大地で

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット