雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
ありがとうターブゥ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ありがとうターブゥ

作: 渡辺満里奈
絵: おおつかけいり
出版社: エムオン・エンタテインメント

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

渡辺満里奈がてがける、初の絵本。

「こんな時、なんて言えばいいんだろう?」
こぶたのターブゥは、お母さんから頼まれた大切な言葉を忘れてしまいます。
仲間と考えながら歩いていくうちに……。
子どもが言葉を覚えていくことを旅に例えた、渡辺満里奈 初めての絵本!

「声に出して伝えたいことば。
こぶたのターブゥは、わすれんぼうで ちょっとぬけてる男の子です。
ターブゥはこれから、いろんな言葉を覚えていきます。
はじめの一歩は、誰かの役に立つことのうれしさを絵本にしたいと思いました。」――渡辺満里奈

ベストレビュー

こんな時なんて言うの?

はじめて「ありがとうターブウ」に出会ったのは、娘が2歳の時、図書館で借りました。

絵本が大好きだった娘は、一目でターブウが好きになったようで、毎日何度も読んでくれとせがまれました。

あんまり娘が毎日毎日読むと言って聞かないので、購入したところ、とうとう暗記してしまうほど気に入ってる絵本です。

トーリ村の忘れん坊のターブウがママに頼まれてルーサーおばさんの家へおつかいへ行きます。途中、お友達のコーネやバーロたちと出会いなますが、ちゃんとママとの約束を果たせるのかな・・・・?

「こんなとき何て言ったらいいの?」

まるで子供がターブウと一緒に歩いているかのように物語に引き込まれてしまう絵本です。

絵がとっても可愛くて綺麗なことと、渡辺満里奈さんの作るトーリ村の住人たちがとってもやさしくて暖かい素敵な世界が広がるからでしょうか?

とてもお勧めの絵本です。






(ゆっくりくまさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




たたかえ!じんるいのために!

ありがとうターブゥ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット