十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
コロボックル物語(4) ふしぎな目をした男の子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コロボックル物語(4) ふしぎな目をした男の子

  • 児童書
著者: 佐藤 さとる
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年11月
ISBN: 9784061190788

A5判 203ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

コロボックルが本気で走れば、人間の目になんか見えるはずがない。ところが、ふしぎな目をした男の子タケルには、そのすがたが見えるのだ。へそまがりの、がんこもののじいさまコロボックルは、タケルにみつけられ、2人のあいだにきみょうな友情がめばえてくる。コロボックルと友だちになった人間の物語。

ベストレビュー

百万人に一人

コロボックルシリーズの第4弾は、どんなにすばしっこいコロボックルの動きも見ることが出来る、百万人に一人の不思議な目を持った男の子、タケルのお話です。

第3巻の後、人間とコロボックルがトモダチになることの出来る新しい掟が出来るのですが、それがツムジのじいさまは気に入らない。
そこで山を出ることになるのですが、当の本人にトモダチが出来て・・・

ヒイラギノヒコが新しい世話役になってから、コロボックルの国もかなり変化したのを感じます。私はこの新しい感性と大きな知恵や寛大さを持った世話役が大好きです。

お話は、コロボックルの先祖が造った沼を、人間が汚し、埋め立てられる危機を、タケルとコロボックルが再び綺麗な池に戻すまでの話です。
その中でも、ヒロシの水槽の自然の釣り合いの話が印象的でした。

この作品では今まで出てきたせいたかさん一家が出てこないので、個人的には物足りなさを感じた巻でしたが、あとがきによると、あえて舞台をずらして書かれたとのことでした。

その点は息子は全く気にせず、逆に、同じ年頃のタケルの話が面白かったようで、最後はスッキリした気持ちで読み終えることが出来た作品でした。
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

佐藤 さとるさんのその他の作品

コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / えんぴつ太郎のぼうけん / オウリィと呼ばれたころ / 机の上の仙人―机上庵志庵



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

コロボックル物語(4) ふしぎな目をした男の子

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット