しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
コロボックル物語(5) 小さな国のつづきの話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コロボックル物語(5) 小さな国のつづきの話

  • 児童書
著者: 佐藤 さとる
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「コロボックル物語(5) 小さな国のつづきの話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1983年09月
ISBN: 9784061190696

A5判 190ページ

出版社からの紹介

図書館につとめている杉岡正子が、コロボックルの娘、ツクシンボとトモダチになった。ツクシンボは、コロボックル通信社の優秀な通信員で、世界じゅうをまわって旅行記を書きたいと思っている元気な女の子。正子も、説明しにくいのだけど、どこかかわっている「ヘンな子」。とてもおもしろい組み合わせだった……。2人の登場で、コロボックルの世界はさらに広がっていく。コロボックル物語も、この巻でついに完結!

ベストレビュー

四半世紀を超えて

別巻の短編集を除けば、コロボックル物語の完結編となる第5巻は、まさにタイトル通りの「小さな国のつづきの話」です。

今から30年以上も前に、小学校の図書館で読んだ時にはまだ4冊しか出ておらず、第5巻があることを知ったのは、私が大人になり、子どもが生まれ、図書館の児童書コーナーで見つけた時でした。

その時の驚き!読んだ後の感動!!
あとがきで作者が述べている通り、四半世紀を超えて私の元に届いた、まさに「続きの話」だったのです。

第4巻から第5巻が発刊されるまで、10年以上の時が流れ、この作品の中に1巻から4巻までの本が実際に登場するという、なんとも不思議な感覚に陥る内容になっています。

この話の主人公は、杉岡正子という女性と、そのトモダチとなるツクシンボの話ですが、「つづきの話」にふさわしく、せいたかさん一家のその後、またコロボックルのトモダチになったあの人も登場します。

個人的には、世話役ヒイラギノヒコの風貌にビックリ!
表紙の髭のコロボックルはてっきりツムジイかと思いきや、カラー挿絵等を見るに、どうやらヒイラギノヒコのよう。

でも、少年だったせいたかさんも、いつの間にか大学生の娘の父親になっているのですから、ヒイラギノヒコも相応に年を重ねていても不思議ではありません。

コロボックルの国も、新しい変化が起こります。
きっと今頃は、世界中を駆け巡っていることでしょう。

いつかどこかで、この素敵な小さな人たちと巡り会うことが出来るかもしれない・・と思わせてくれるお話でした。
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

佐藤 さとるさんのその他の作品

コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / えんぴつ太郎のぼうけん / オウリィと呼ばれたころ / 机の上の仙人―机上庵志庵



ハッピーなおやすみのえほん!

コロボックル物語(5) 小さな国のつづきの話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット