大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
コロボックル物語別巻 小さな人のむかしの話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コロボックル物語別巻 小さな人のむかしの話

  • 児童書
著者: 佐藤 さとる
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「コロボックル物語別巻 小さな人のむかしの話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年12月
ISBN: 9784061335080

A5判 149ページ

出版社からの紹介

伝説の小人、コロボックルの古老、ツムジのじいさまが、コロボックルにつたわる古い話を、年代順に語ってくれた。
上古(じょうこ)のころの「スクナヒコとオオクルヌシ」。奈良時代らしい「水あらそいとヒコ」と、平安末期の「アシナガのいましめ」。「虫づくし」は、平安から室町ごろの話らしい。鎌倉時代の「長者さまの姉むすめに、室町初期の「モモノヒコ=タロウ」。「虫守りのムシコヒメ」は戦国時代らしく、江戸には、「ふたりの名人」と、「藤助の伝記」がある。9話それぞれにおもしろい、小人たちのむかし話集。

ベストレビュー

コロボックルの昔話とその後の話

本編は5巻をもって完結となりましたが、この第6巻は、ツムジのじいさまが語ってくれたコロボックルの昔話をまとめた内容になっています。

全部で九つのお話がありますが、中でも面白かったのが、「長者さまの姉むすめ」と「ふたりの名人」です。

「長者さまの姉むすめ」は、息子もお話の最後に「あれっ、この話もしかして・・・?」と気付いたようでした。

人間の世界で語られているお伽噺が、こんな風に形を変えて、しかも面白い話に出来上がっていることに、一種の感動すら覚えました。

「ふたりの名人」は、世に言う名工「左甚五郎」が登場します。
ジンゴと、ヒコノタクミという二人の名人が繰り広げる、興味深いお話です。

最後に、作者のあとがきとして、5巻のその後も描かれています。
クリノヒコ風の子や、ミツバチボウヤ、タケルやエク坊等のその後についても書かれてあって、シリーズを通して読んできた読者にとって、満足のいく内容でした。

第1巻から第6巻まで、コロボックルたちや、せいたかさん一家を始めとする人たちと、素敵な時間が過ごせたことを幸せに思います。
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

佐藤 さとるさんのその他の作品

コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / えんぴつ太郎のぼうけん / オウリィと呼ばれたころ / 机の上の仙人―机上庵志庵



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

コロボックル物語別巻 小さな人のむかしの話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット