バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
あはっと おばあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あはっと おばあさん

作・絵: 山口 みねやす
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 初版 2008年4月
ISBN: 9784477019352

4歳から

出版社からの紹介

村はずれに住んでいるおばあさん。いつも元気に畑仕事に精をだしています。そうしているうちに、おばあさんの家に次から次へといろいろな動物がやってきます。おばあさんは、追い返すことなく、「あはっ」と笑ってむかえ入れます。みんな友だちだから独りぼっちではなく、いつもたのしい夜の食事をします。

ベストレビュー

「あはっ」は「アハ!」!?

1人暮らしのおばあさん。
偶然ポケットに飛び込んできたカエルを家に連れて帰ります。
そして 一緒にご飯を食べる時 
なんだか嬉しくなって「あはっ」と笑い声を上げるのです。
この「あはっ」は 1人よりも2人
(カエルだから1人と1匹ですが…)の方が楽しい☆と
おばあさんが【気付いた】為に上げた声だとしたら
これは『アハ体験』の「アハ!」かな…なんて考えたりしました(笑)
カエルに続き この後も多くの友達を家に連れて帰り
その度に「あはっ」を繰り返すおばあさん。
お友達が増えるたびに どんどん表情も明るくなり 
おしまいのページの顔は
表紙の気難しそうなおばあさんとはまるで違います。
そんなおばあさんの変化に 私も嬉しくなる絵本でした。
(西の魔女さん 30代・ママ 女の子14歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

山口 みねやすさんのその他の作品

カブトムシのきのぼり / はるをまつ ちいさないのち / バッタのひなたぼっこ / ヤドカリのマイホーム / さよならおうさま / たからのちず



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

あはっと おばあさん

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット