もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
あはっと おばあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あはっと おばあさん

作・絵: 山口 みねやす
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 初版 2008年4月
ISBN: 9784477019352

4歳から

出版社からの紹介

村はずれに住んでいるおばあさん。いつも元気に畑仕事に精をだしています。そうしているうちに、おばあさんの家に次から次へといろいろな動物がやってきます。おばあさんは、追い返すことなく、「あはっ」と笑ってむかえ入れます。みんな友だちだから独りぼっちではなく、いつもたのしい夜の食事をします。

ベストレビュー

「あはっ」は「アハ!」!?

1人暮らしのおばあさん。
偶然ポケットに飛び込んできたカエルを家に連れて帰ります。
そして 一緒にご飯を食べる時 
なんだか嬉しくなって「あはっ」と笑い声を上げるのです。
この「あはっ」は 1人よりも2人
(カエルだから1人と1匹ですが…)の方が楽しい☆と
おばあさんが【気付いた】為に上げた声だとしたら
これは『アハ体験』の「アハ!」かな…なんて考えたりしました(笑)
カエルに続き この後も多くの友達を家に連れて帰り
その度に「あはっ」を繰り返すおばあさん。
お友達が増えるたびに どんどん表情も明るくなり 
おしまいのページの顔は
表紙の気難しそうなおばあさんとはまるで違います。
そんなおばあさんの変化に 私も嬉しくなる絵本でした。
(西の魔女さん 30代・ママ 女の子14歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

山口 みねやすさんのその他の作品

カブトムシのきのぼり / はるをまつ ちいさないのち / バッタのひなたぼっこ / ヤドカリのマイホーム / さよならおうさま / たからのちず



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

あはっと おばあさん

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット