みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ほんとのおおきさ動物園
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ほんとのおおきさ動物園

  • 絵本
監修: 小宮 輝之(上野動物園園長)
写真: 福田 豊文
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784052029301

幼児〜小学生

この作品が含まれるシリーズ

*2010/3/23(火)の日本テレビ系「スッキリ!!」で紹介されました!
*2010/5/12(水)の産経新聞で紹介されました!
*2010/5/28(金)のNHK総合「Bizスポ・ワイド」で紹介されました!
*2010/6/14(月)のテレビ朝日系「雑学王」で紹介されました!
*2010/7/17(土)の朝日新聞で紹介されました!
*2010/8/3(火)の日本テレビ系「DON!」で紹介されました!


その後のほんとの大きさ動物園

「その後のほんとのおおきさ動物園」連載中!(不定期更新/スピンオフ企画)
第7回 ゾウアザラシの丸子
第6回 新刊は「特別編」です!
第5回 ヒツジのデイジー&ヤギのタンカン
第4回 おしらせスペシャル
第3回 ホッキョクグマのピース
第2回 オオカミのキナコ
第1回 おひさしぶりです〜

出版社からの紹介

ゾウは大きい動物である、ということは誰もが知っています。では、どれぐらい大きいでしょう。体高3メートル、体重5トン・・・って、イメージできますか???
動物園で実際に見ると、確かにゾウは大きい。かなり大きい。それは分かるけど、「どれぐらい」大きいかは、なかなか実感できないのではないでしょうか。それはゾウと、見ているわたしたちとの間に、少なからず距離があるからです。本当の大きさは、ゾウにピッタリ寄り添ってみないと、なまなましく感じることはできません。
動物の本当の大きさを肌で感じたい!檻や柵を取りはらってじっくりと見てみたい!
これは、たったそれだけの思いからつくられた本です。動物の写真を全て、実物大にこだわって掲載しました。

とはいえ、B4(開くと B3)というビッグサイズの誌面を使っても、全身が収まりきらない動物がほとんどです。では、からだのどこを切り取って見せるか?生き物と向きあったときにまず、わたしたちは自然と相手の「目」を見ます。そこで、目を中心とした顔を、誌面に入るだけ入れました(全身すっぽり収まった動物もいます)。
動物園の飼育の方々の協力のもと、できるだけ鮮明な写真を撮影。動物の輪郭を、ひげ1本1本まで切り抜いて、白地に置いてみると・・・。パンダが、トラが、キリンが、オオアリクイが、すぐ目の前にいるかのよう。息づかいまで聞こえてきそうです。名前(動物園でつけられた愛称)も紹介して、まさしくその個体のポートレートにしました。

英語版が、2009 Parents Choice Awards・ノンフィクション 部門で金賞受賞!
現在までに、英語・フランス語・オランダ語・スウェーデン語・ス ペイン語・韓国語・中国語の、7ヶ国語に翻訳されています!



ほんとのおおきさ動物園
<編集者の声>
B4判の大きな本を開くと、目に飛び込んでくるのはキラッと光る動物たちの瞳。実物大の顔写真の迫力に、思っていたより大きい、意外に小さい、ちょっとこわい、かわいい…。子どもたちは思い思いの第一印象をもつでしょう。そのあとはじっくり観察モード。みょうなところにはえているひげや、目・鼻・耳の不思議な位置関係、動物によって毛の長さや質感が違うことなど、ページの右側に書かれたヒントをもとに、いろいろな発見をしてくれることと思います。
 子どもたちの目が、画面にしっかりくぎづけになるのは、鮮明な写真のバックが白地だからです。よけいな背景を排除したことで、動物だけに集中して深〜く鑑賞できるんです。
 大勢の子どもたちに向けて紙芝居ふうに読んでみると、いろんな意見が飛び出して、いっそう楽しめるかもしれませんね。

ベストレビュー

ほんとにおおきいです!

動物に興味をもちはじめたので、動物園に行く前に
みせてみようと、購入しました。
ほんとにおおきいです!大きすぎて、全体像がわからない動物も
多いですが、動物に興味をもついいきっかけになりそうです。
息子は、開くページがお気に入りです。
『もっと・・・』もいっしょに楽しんでいます。
(コウくんママさん 30代・ママ 男の子1歳)

みどころ

迫力満点!本物サイズの動物たち 本を開いて目に飛び込んでくる動物たちの瞳、耳、牙…。実物大の迫力に圧倒されます。檻や柵などの距離がない分、子どもたちも新鮮な驚きと発見があるでしょう!

→続きを読む

おすすめレビュー

こんな図鑑、はじめて!

ページを開いたとたん、思わず「おおきい〜!」と歓声をあげてしまいます。 動物の体の一部しか載っていなくても 本物の大きさだからこそ、リアル。 だからハマるのです! 身の回りにあるものや、自分の手など…

→続きを読む

powerd byまなびナビ

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

小宮 輝之(上野動物園園長)さんのその他の作品

ほんとのおおきさ・なかよし動物園 / もっと!ほんとのおおきさ動物園

福田 豊文さんのその他の作品

こどもどうぶつえんのみんなの一日 / イヌとネコのふしぎ101 / しぜんにタッチ!もぐもぐどうぶつえん / しぜんにタッチ!ぴっかぴかすいぞくかん / どうぶつえんの みんなの1日 / どうぶつとあっぷっぷ!



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

ほんとのおおきさ動物園

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット