うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです

  • 絵本
作・絵: ドン・フリーマン
訳: なかがわ ちひろ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784776402862


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

カリーナは、土曜日の朝、かならず図書館へいきます。ある日、動物がたくさんでる本を読んでいました。しばらくすると、カリーナは本をとじて、ぼんやりかんがえごとをはじめます。「わたしが図書館の人だったら、動物だけが図書館に入れるとくべつな日をつくるのに……」カリーナは、カウンターのうしろにすわっている自分を想像します。すると戸口からカナリアがとびこみ、そしてライオンやくまやぞうもやってきて……。1969年にアメリカで初版が刊行されたドン・フリーマン作の可愛い作品です。動物好き、図書館好きの人にもたまらない楽しい作品です。

ベストレビュー

☆可愛すぎ☆

絵もお話の内容もとっても可愛くて☆
自宅で大切に保管しています。(*^_^*)

図書館の好きな女の子カリーナが、図書館のイスに座りながら考えます。
私が図書館の人だったら、動物だけが図書館に入れる特別な日をつくるのに・・・
すると、カナリア・ライオン・くま・ぞう・くじゃく等次々とやってきて、やがて図書館は動物でいっぱいに・・・。

動物達に図書館で楽しく過ごして欲しいと、司書として奮闘するカリーナ。
懸命にお世話する様子がとてもほほえましいです。

そして、カリーナはいつも空想の世界をイキイキと楽しんでいる女の子なんだろうなというのが感じられて、読んでいるこちらまで楽しくなってきます。

分かりやすい内容なので、3歳頃から十分楽しめる絵本ですよ。
(カトリーヌみどりんさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ドン・フリーマンさんのその他の作品

ハロウィーンのまじょティリー うちゅうへいく / ドングリさがして / ダッシュだ、フラッシュ! / 門ばんネズミのノーマン / オペラハウスのなかまたち / ハロウィーンのまじょティリー

なかがわ ちひろさんのその他の作品

あかちゃんがどんぶらこ! / ずっと / ちっちゃい おおきい おんなのこ / いっしょにおいでよ / たくさんのドア / まほろ姫とにじ色の水晶玉



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット