話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
完訳 赤毛のアン シリーズ(10) アンをめぐる人々
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

完訳 赤毛のアン シリーズ(10) アンをめぐる人々

  • 児童書
作: L.M.モンゴメリー
絵: 山本 容子
訳: 掛川 恭子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

白ネコが恋人たちをてんてこまいさせたすえ、12回めのプロポーズを成功させる「かわいいファティマ」、19年間はなればなれに暮らす父を慕い、花嫁姿の娘が式直前に会いにくる「入り江の結婚式」、満月の晩に亡き姉の亡霊があらわれて、生前反対していた妹の恋を実らせる「あの世からの使者」──。素朴で真剣な村人の生活を、深い洞察力とユーモアで愛情ゆたかに描いた、「アンの友だち」につづく短編集。

ベストレビュー

特別版のような1冊。

「赤毛のアン」の完訳版シリーズの最終巻です。
前巻の第9巻と最終巻のこちら第10巻は、特別版といった感じのお話で、また楽しいですね。
アンが出会った方達のそれぞれの物語が書かれていて、シリーズ終盤にはぴったりなほっこりとした内容に思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


L.M.モンゴメリーさんのその他の作品

講談社青い鳥文庫 赤毛のアン(4) アンの幸福 / 赤毛のアン / 完訳 赤毛のアン シリーズ(全10巻)セット / クラシック赤毛のアンセット 全10巻 / アンをめぐる人々 / アンの友だち

山本 容子さんのその他の作品

詩画集 プラテーロとわたし / チューリップ畑をつまさきで / つづきの図書館 / 雪だるまの雪子ちゃん / 青い鳥文庫 ふしぎの国のアリス(新装版) / 子どもだって哲学(2) 自分ってなんだろう

掛川 恭子さんのその他の作品

みずうみにきえた村 / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (5) 愛ふたたび (下) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (4) 愛ふたたび (上) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (3) めぐりくる夏 / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (2) 雲のはて / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (1) 愛の旅だち


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > 完訳 赤毛のアン シリーズ(10) アンをめぐる人々

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

完訳 赤毛のアン シリーズ(10) アンをめぐる人々

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット