あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
どどどどど
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どどどどど

  • 絵本
作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年10月
ISBN: 9784032046601

対象年齢:3・4歳から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

どどどと石を押しあげて、いきおいよくやってきたブルドーザーがいつのまにか、ど・れ・み?と音をつくりだす、音と文字の絵本。

ベストレビュー

絵本の力。

五味太郎さんのこのシリーズは、母子ともに大好きです。
息子が2歳代にすべて読みました。
当時、重機や電車などの乗り物が好きだったんため、
この「どどどどど」と、汽車が出てくる「ぽぽぽぽぽ」を試しに読んだところ、大喜び。
何を読もうか悩んでいた時期だったため、
ここぞとばかりにシリーズすべて制覇しました。
息子はほかにも「かかかかか」や「りりりりり」なども好きでした。

「どどどどど」の場合は、ブルドーザーが上に登っていくと、
「どれみ」と音階に変わります。
歌うように読み進められます。
基本的には、一文字だけで絵本を構成しているため、
2歳くらいまでの子どもの言葉遊びの絵本としてオススメです。

我が子はこのシリーズを読んだおかげか、
2歳代で五十音をすべて読めるようになりました。
子どもが楽しむから読んでいたのに、
文字を覚えるというおまけがついてきました。
一つの文字に特化しているため、自然と覚えてしまうのでしょう。
我が家は早期教育的なことは何一つしなかったので、
絵本の力はすごいなと思います。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子6歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / カッターであそぼう! / 色の紙の本 / CUT AND CUT! キッターであそぼう! / 行ったり来たり大通り / つくえはつくえ



大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

どどどどど

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット