もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
琥珀の望遠鏡 ライラの冒険シリーズIII
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

琥珀の望遠鏡 ライラの冒険シリーズIII

  • 児童書
作: フィリップ・プルマン
訳: 大久保寛
出版社: 新潮社

本体価格: ¥2,800 +税

「琥珀の望遠鏡 ライラの冒険シリーズIII」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

不思議な力を持つ短剣で窓を切り開き、羅針盤を頼りに旅を続けるライラとウィル。失った友と父と話をするために、ふたりの旅は〈死者の国〉にまで及ぶ。ライラの担った役割とは一体? そして共和国建設を目指すアスリエル卿と〈権力(オーソリティ)〉との世界を二分する闘いが、今はじまる――物語の醍醐味を存分に味わえる壮大なファンタジー!

ベストレビュー

壮大な物語

映画では「黄金の羅針盤」が上映されてました
琥珀の望遠鏡はシリーズの3巻完結編です
シリーズ全巻読んでみて、ファンタジーと言ってしまってよいのかなと
思うほど、科学的なことや宗教的なことがたくさん含まれている物語でした
私的には、幽霊の世界から、神秘の短剣で別世界へ窓をあけ、そこから幽霊たちが原子の粒になって世界に融合するという考え方は、あってもいいかなぁと思いました・・・
長編ものが好きな小学生だったら、どんどん先が知りたくて読み進めていけると思います
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子16歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


フィリップ・プルマンさんのその他の作品

黄金の羅針盤 下〈軽装版〉―ライラの冒険I― / 黄金の羅針盤 上〈軽装版〉―ライラの冒険I― / 琥珀の望遠鏡〔下〕―ライラの冒険III― / 琥珀の望遠鏡〔上〕―ライラの冒険III― / 神秘の短剣〔下〕―ライラの冒険II― / 神秘の短剣〔上〕―ライラの冒険II―

大久保寛さんのその他の作品

アルテミス・ファウル 失われし島 / アルテミス・ファウル オパールの策略 / 黄金の羅針盤〔下〕―ライラの冒険I― / 黄金の羅針盤〔上〕―ライラの冒険I― / 神秘の短剣 ライラの冒険シリーズII / 黄金の羅針盤



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

琥珀の望遠鏡 ライラの冒険シリーズIII

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット