庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
オナモミのとげ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オナモミのとげ

作: ネイチャー・プロ編集室
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784034143506

小学初級から

出版社からの紹介

植物がたねをまくしくみが写真でよくわかる全5巻シリーズの第5巻。ひっつくとげで動物にたねをはこんでもらうドングリを紹介。

ベストレビュー

“くっつきむし”です。知ってますか?

秋の読み聞かせにお勧めの写真絵本。
「オナモミ」はいわゆる草むら〈特に変わら辺り〉を歩いていると、知らないうちに服についていたりする“くっつきむし”と呼ばれる草の実です。
このオナモミに焦点を当てて、どんな植物で、なぜこんな形態をしているのか、なぜ服や動物の毛にくっつくのかという事をわかりやすい言葉で説明してくれています。
1年生から5年生までいる学童さんで読み聞かせをしてきました。
「オナモミって知ってる?」と聞くと、
(絵本の写真を見て分かったのか)「知ってる。知ってる。“くっつきむし”でしょ」と何人かの子どもたちが手を挙げて答えてくれました。
私も子どもの頃、友達と服にくっつけて遊んだりしました。

見たことのある身近な植物だったためか、最初から食いつきがよかったです。
これは最近見つけた中でも超・おススメの1冊です。
オナモミを運ぶ動物の代表として登場するイノシシの親子もかわいいので見逃さないでくださいね。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ネイチャー・プロ編集室さんのその他の作品

動物のちえ(4) 眠るちえ / 動物のちえ(5) ともに生きるちえ / 動物のちえ(3) 育てるちえ / 動物のちえ(1) 食べるちえ / 動物のちえ(2) 身を守るちえ / こん虫のふしぎ(全5巻)



たたかえ!じんるいのために!

オナモミのとげ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット